MENU

業務スーパーにある『スチームチキン(むね)』はどうなの? 1kg鶏肉の風味・使い勝手・コスパを確認してみた

業務スーパーで販売されている『スチームチキン(むね)』をご存じでしょうか。

ざっくり切り分けた鶏むね肉をスチーム加熱した冷凍惣菜です。揚げ調理が必要なタイプなので、使い勝手は冷凍唐揚げに近い感じ。軽い下味だけ付いたシンプルな味で、アレンジしやすさを考えればそれなりに優秀な一品ですよ。

目次

『スチームチキン(むね)』の価格・コスパは?

『スチームチキン(むね)』は645円(税込、税抜598円)で販売中。内容量は1kg。原産国は中国、輸入・販売はマルハニチロ。

コスパ(単価)は100gあたり約65円。揚げ調理が想定された鶏むね肉惣菜です。鶏むね肉を使った揚げ物惣菜には『鶏屋さんのチキンカツ』(1kg・538円・約54円/100g)『お肉にこだわったあっさり唐揚げ』(1kg・753円・約75円/100g)もラインナップされており、業スー品のなかでは安くも高くもないポジションになります。

『スチームチキン(むね)』の調理方法は?

170℃の油に凍ったままの本品を入れて、約2分ほど揚げるだけ。スチームコンベクションオーブンでの調理方法も記載されているのは、いかにも業務用といったところ(ちなみに180℃で約9分)。レンジやオーブンで加熱すると食感が落ちるので、やはり一般家庭では揚げ調理が前提になるかと思います。

『スチームチキン(むね)』の味・食感は?

ひとくちサイズからそれよりちょっと大きめぐらいに切り分けられた蒸し鶏です。薄くでん粉と小麦粉の衣が付いており、表面に軽いさっくり感があります。中はしっとり柔らか食感。肉汁感は弱いものの、ふんわりほぐれる繊維感で優しい印象のある口当たりです。

あっさりしたむね肉に軽い塩味とにんにくの風味を付けており、一応そのままご飯のお供になる味わい。シンプルなさっぱり系おかずとしては十分なクオリティです。といっても下味程度の濃さなので、好みで調味料を足すほうが飽きずに食べられるかと思います。

にんにくの香りがあるため若干クセがありますが、味が薄いぶんアレンジはしやすいタイプ。揚げて油を切ったあとは、茄子と一緒にポン酢で味付けするといった爽やか系のレシピにもおすすめです。アレンジ自由度を重視して選ぶなら、そこそこ優秀な鶏肉惣菜ですよ。

『スチームチキン(むね)』のカロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『スチームチキン(むね)』は100gあたり106kcal(脂質 1.4g、炭水化物 4.5g)。召し上がる際の目安にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

スチームチキン(むね)
総合評価
( 4 )
内容量1kg
カロリー100gあたり106kcal(たんぱく質 17.7g、脂質 1.4g、炭水化物 4.5g、食塩相当量 1.2g)
原産国中国
輸入者マルハニチロ
原材料鶏肉、でん粉、小麦粉、にんにく、食塩、砂糖/加工でん粉、キシロース、調味料(アミノ酸)、pH調整剤、ポリリン酸Na、(一部に小麦・鶏肉を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次