MENU

業務スーパーにある焼き小籠包『正宗生煎包』は中華街クオリティが味わえるお買い得品

業務スーパーにある焼き小籠包『正宗生煎包』は中華街クオリティが味わえるお買い得品

業務スーパーで販売されている『正宗生煎包(マサムネ サンチェンパオ)』をご存じでしょうか。

横浜中華街の有名店・王府井(ワンフーチン)が製造する、冷凍の焼き小籠包です。レンジとトースターで加熱するだけで、有名店の味そのまんま。公式通販で買うよりもぐっと手頃。かなりのコスパ品になりますよ。

目次

価格・内容量は?

業務スーパーでは429円(税込、税抜398円)で販売中です。冷凍状態の焼き小籠包が6個(1個45g)入って、内容量は270g。製造者は王府井(ワンフーチン)になります。

公式通販より安い?

原材料表示は若干異なるのですが、1個あたり内容量・栄養成分表示・調理方法を見る限り、公式で販売している定番商品『正宗生煎包ver2.0』と同じものです。

2021年時点では、公式通販サイトだと8個入りのパッケージが1,296円(税込)ですから、驚きのコスパと言ってよいかと。

最近の価格は?

『正宗生煎包(マサムネ サンチェンパオ)』は比較的安定した価格の商品ですが、それでもたまには変動することも。mitok[ミトク]ではたま〜に最新価格をチェックしているのでご参考にどうぞ。

チェック日参考価格備考
2021年02月429円(約72円/1個)45g×6個(270g)
2024年01月451円(約76円/1個)45g×6個(270g)
※品番・販売者・加工者等は異なる場合があります。
業務スーパーにある焼き小籠包『正宗生煎包』は中華街クオリティが味わえるお買い得品

ちなみに2024年1月時点ではパッケージデザインが変更されています。内容量は変わりません。

調理方法は?

調理方法は、まず冷蔵庫などで自然解凍後(1~2時間程度)、ラップをせずに耐熱皿にのせ、4個あたり2分を目安に電子レンジ(500W)で加熱します。

レンジ加熱後、お好みでオーブントースター(180度)で3分ほど加熱すると、皮の表面がパリッと仕上がります。別の仕上げとして、フライパンに油を入れて加熱する方法も推奨されていますよ(写真)。

どんな味? 食べごたえは?

クオリティに関しては言うことなし。皮はふっくらもっちり、焼き目が付いた底部はカリカリ!

油断すると周囲に飛び散るほどスープがみっちり詰まっているのでご注意を。ガブッといくとだいたい飛び散ります(笑)。

そして餡の豚肉は上品な旨みの粗挽き食感。肉の味で勝負してくる感じ、イイですね〜。

単品で食べるご褒美メニューとして鉄板の選択肢かと。中華好きの方でしたら、見かけたらとりあえず買ってOKの一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 横浜中華街の王府井が製造する、定番焼き小籠包の冷凍品
  • 風味濃厚な厚めの皮から香り良い肉汁が溢れ出す、文句なしのクオリティ
  • 公式で買うのに比べてかなり手頃な価格設定で、中華ファンなら迷わず買いたい
  • 『小籠包』(500g・429円)も悪くはないけど、本格度を重視するなら本品がおすすめ

カロリーは?

気になるカロリーも確認しておきましょう。

公称値は100gあたり230kcal(たんぱく質 9g、脂質 12g、炭水化物 21.6g)。1個(45g)あたりでは約104kcalです。一人あたりだと2個くらいがちょうどいいですかね。

商品の評価と詳細情報

正宗生煎包(マサムネ サンチェンパオ)
総合評価
( 5 )
スクロールできます
内容量270g(45g×6個入)
カロリー100gあたり230kcal(たんぱく質 9g、脂質 12g、炭水化物 21.6g、食塩相当量 0.96g)
製造者王府井
原材料豚肉(国産)、小麦粉、葱(国産)、砂糖、オイスターソース、醤油、胡麻油、生姜、塩、胡椒、胡麻、イースト、ゼラチン/ベーキングパウダー、調味料(アミノ酸等)、(一部に小麦・大豆・豚肉・鶏肉・ゼラチン・ごまを含む)
  • URLをコピーしました!
目次