MENU

業務スーパーの『こだわり生フランク ハーブ入り(1kg)』は極太あらびきでご褒美フード感がすごい

業務スーパーの『こだわり生フランク ハーブ入り(1kg)』は極太あらびきでご褒美フード感がすごい

業務スーパーで販売されている『こだわり生フランク ハーブ入り』をご存じでしょうか。

鶏豚の挽き肉にバジルを練り込んだ冷凍生ソーセージです。極太サイズとジューシーな粗挽き食感で、ご褒美感高めの肉食材ですよ。調理方法も含めてご紹介しましょう。

目次

価格・内容量は?

冷凍惣菜コーナーで見かける『こだわり生フランク ハーブ入り』は753円(税込、税抜698円)。業スーを代表する人気商品のひとつですが、パッケージデザインが変更されるなど、リニューアルが図られていますね。

といっても内容量は変わらず、1kgで冷凍生フランクが10本入り。製造はターメルトフーズ(以前は肉の太公)、販売者は神戸物産です。

最近の価格は?

『こだわり生フランク ハーブ入り』は時期によっては価格が変動する商品です。mitok[ミトク]ではたま〜に最新価格をチェックしているのでご参考にどうぞ。

チェック日参考価格備考
2016年05月753円1.0kg・当時のレビュー
2021年06月861円1.0kg・当時のレビュー
2022年05月753円1.0kg
2024年01月915円1.0kg
※品番・販売者・加工者等は異なる場合があります。

2024年1月追記)24年1月時点の価格は2016年当時と比べると約22%増し。コロナ禍以降、そこそこロープライスが維持されてきましたが、事情が事情だけに……ってところですかねぇ。

調理方法は?

調理方法は、冷蔵庫に3時間を目安に置いて本品を自然解凍したら、沸騰しない程度のお湯2リットルで約15分ほど加熱するだけ。

そこまで仕上がりは変わらないので、急ぐ場合は冷凍状態のまま加熱してもOKです。

ボイルしたあとフライパンで軽く焼くと、ケーシングがパリッとした食感になります。

どんな味わい? 肉汁がすごい?

パッケージと製造会社は変わったものの、原材料は微調整された程度。目立った変化はありません。

極太フランクにみっちり詰まった鶏豚肉の粗挽き食感と、豪快な肉汁感は相変わらず(ナイフやフォークを入れる際に飛び散りやすいので注意!)。少しクセっぽいバジルの香りで引き立てられた、濃厚な旨みもバッチリです。

あえて言えば、豚肉が輸入物に変更されたせいか(原産国は未記載)、ほんのり旨みが大人しくなった印象があるかも。肉のビジュアルも以前より色合いがやや薄くなった感じ。

また、個体差の可能性もありますが、ケーシングが以前のように繋がった状態ではなく、一本ずつ切り離された状態で入っています。こちらは使いやすくなったポイントですね。

スープのゴージャス具材にも

カットして炒め物に使っても、そのままかぶりついても満足度はばっちり。ポトフの具材にすればスープに旨みがたっぷり溶け出すのも相変わらずです。

シリーズ品よりも味付けにクセはありますけど、ご褒美系肉食材として引き続き鉄板の選択肢ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 豚腸のケーシングにハーブ入り鶏豚肉を詰めた冷凍極太ソーセージ
  • バジルの香味で肉の旨みを引き立てた、シンプルながらインパクトのある濃厚テイスト
  • 製造会社が変わっても大きな変化は見当たらず、安牌のハイクオリティ肉食材
  • 味付けの完成度を重視するなら『こだわり生フランク プレーン』(1kg・753円)がおすすめ

カロリーは?

いちおうカロリーも確認しておきましょう。

100g、つまり『こだわり生フランク ハーブ入り』1本あたり287kcal(たんぱく質 13.6g、脂質 23.8g、炭水化物 1.7g、食塩相当量 1.7g)です。

この1本でかなり満足感を得られるので、1食1本で十分ですかね。1本で塩分量もそこそこいっちゃいますし。

商品の評価と詳細情報

こだわり生フランク ハーブ入り
総合評価
( 5 )
スクロールできます
内容量1kg(10本入)
カロリー100gあたり287kcal(たんぱく質 13.6g、脂質 23.8g、炭水化物 1.7g、食塩相当量 1.7g)
製造者ターメルトフーズ
販売者神戸物産
原材料豚肉(輸入)、鶏肉、豚脂肪、香辛料、豚腸、食塩、大豆たん白、砂糖/グリシン、酢酸Na、リン酸塩(Na、K)、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(V.C)、(一部に大豆・鶏肉・豚肉を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次