MENU

業務スーパーの『豚ロースカツ』はカツサンドやカツ丼にちょうどいい旨み感

業務スーパーの『豚ロースカツ』はカツサンドやカツ丼にちょうどいい旨み感

業務スーパーで販売されている『豚ロースカツ』をご存じでしょうか。

厚みのあるロース肉を使用した冷凍とんかつです。晩ご飯のメインおかずから、カツサンドなどのアレンジ用途にも便利な一品ですよ。

目次

価格・内容量は?

冷凍肉惣菜コーナーで見かける『豚ロースカツ』は642円(税込、税抜595円)。冷凍とんかつが5枚入って、内容量は700g。製造者はダイチクフーズ、販売者は神戸物産です。

最近の価格は?

『豚ロースカツ』は肉商品のわりには比較的価格が安定しているようですが、たまには変動することも。mitok[ミトク]ではたま〜に最新価格をチェックしているのでご参考にどうぞ。

チェック日参考価格(コスパ)備考
2017年09月642円(約92円/100g)700g・当時のレビュー
2021年07月642円(約92円/100g)700g
2024年01月689円(約99円/100g)700g
※品番・販売者・加工者等は異なる場合があります。

調理方法は?

調理方法は180℃の油で6~7分ほど揚げるだけ。厚みがあるので、中心まで火が通るように油は多めにしましょう。

どんな味? 食べごたえは?

『豚ロースカツ』の大きさは1枚13cmほど。お店で食べるとんかつに比べれば小さめですけど、業スーの冷凍肉揚げ物のなかでは上位に入るビッグサイズです。

パン粉の衣は揚げたてサクサク、アメリカ産の豚ロース肉はわりと凡庸なクオリティ。パサつきやくさみは感じませんが、肉汁のジューシーさは今ひとつという印象ですね。

それでも脂身と赤身のバランスは問題ないし、ほどよい歯ごたえとやわらかさがあり、お値段を考えれば申し分ないクオリティと言えるでしょう。

カツサンド・カツ丼アレンジも

旨味はそのままだとちょい淡白。カツ丼やカツサンドにアレンジするにもソース前提の風味ですね。満足度はそこそこながら、気になる欠点は特になし。普通にチョイスしやすいがっつり系肉おかずですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • アメリカ産豚ロース肉を衣で包んだ冷凍ロースカツ
  • 1枚あたり140gの大きめサイズで食べごたえがあり、メインおかずを十分張れる
  • オイリーさのないさっくりした口当たりで、特にカツサンド用にちょうどいい
  • 小さめサイズの使い勝手を重視するなら『豚ひとくちカツ 肩ロース』がおすすめ

カロリーは?

気になるカロリーも確認しておきましょう。

公称値は100gあたり217kcal(たんぱく質 11.8g、脂質 9.5g、炭水化物 19.9g)。1枚(140g)あたりでは約304kcalです。わりとちょうどいいボリューム感なのでは?

商品の評価と詳細情報

豚ロースカツ
総合評価
( 4 )
スクロールできます
内容量700g
カロリー100gあたり217kcal(たんぱく質 11.8g、脂質 9.5g、炭水化物 19.9g、食塩相当量 0.8g)
製造者ダイチクフーズ
販売者神戸物産
原材料豚ロース肉(アメリカ)、粉末状大豆たん白、混合たん白粉末、乳清たん白、食塩、衣(パン粉、小麦粉、食塩、食用油脂、酵母エキス、大豆繊維、香辛料、砂糖)/安定剤(加工でん粉)、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、増粘多糖類、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・豚肉を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次