MENU

業務スーパーにある業務用『クノール コーンクリームスープ』はどうなの? 30食セットの味やお買い得感を確かめてみた

業務スーパーにある業務用『クノール コーンクリームスープ』はどうなの? 30食セットの味やお買い得感を確かめてみた

業務スーパーで販売されている『クノール コーンクリームスープ』をご存じでしょうか。

カップスープでおなじみのブランド・クノールの製品で、業務用の大入り商品です。やさしいコクのあるまったり濃厚な味わい。飽きが来ない定番系のおいしさですよ。

目次

価格・内容量は?

『クノール コーンクリームスープ』は業務スーパーでは1,117円(税込、税抜1,035円)で販売中。粉末スープが30食分入って、内容量は525g(1食17.5g)。

クノールはドイツのブランド

販売者は味の素、製造者は味の素食品(味の素のグループ会社)。ちなみに「Knorr(クノール)」はもともとドイツの食品ブランドで(公式サイト説明)、日本では味の素食品がライセンス生産を行っているかたちです。

コスパは?

コスパ(単価)は1食あたりは約37円(約213円/100g)。一般スーパーで同じく「クノール」ブランドの「カップスープコーンクリーム」を見ると、1食(18.5g)あたり50円ほど(約270円/100g)で、かなり安く見えますが、業務用は具なしなので、一概にお買い得とも言えないかも。

クルトンなんてどうでもよければ本品で。

作り方は?

袋の中身を容器に入れ、熱湯150mlを注いだら15秒ほどかき混ぜるだけ。わりと固まりやすい粉末なので、注いだらさっと素早くかき混ぜましょう。

どんな味?

とろみがついたポタージュタイプ。定番のコーンクリームスープです。スイートコーンの甘さがまろやかに広がる、コクのある味わいですね。クルトンは入っていない “具なし仕様” なのは仕方がないところでしょうか。

強い個性は見当たらないものの、優しい風味の中にしっかりとした濃厚感があるバランス。お湯をちょっと多めにして作っても、十分濃いめに仕上がりますよ。

アレンジ用に使うのもアリ

味のバランスも口当たりの良さも申し分なし。朝食やランチに添える普段使いのスープにぴったりです。コスパは今ひとつですが、まとめ買いしたいときには便利な選択肢かと。

ちなみに料理にコーン風味を付けるアレンジも美味。本品1食分を粉末のままツナ缶やマヨネーズと混ぜ、コーンなどと一緒に食パンにのせて焼けば、普段よりもまったりコクのあるツナマヨコーントーストが出来上がりますよ。

カロリーは?

カロリーも確認しておきましょう。

『クノール コーンクリームスープ』は1食あたり74kcal(脂質 2.4g、炭水化物 12.0g)。まぁ、ほとんど気にならないカロリーですね〜。

商品の評価と詳細情報

コーンクリームスープ
総合評価
( 4 )
スクロールできます
内容量525g(30食入)
カロリー1食あたり74kcal(たんぱく質 1.1g、脂質 2.4g、炭水化物 12.0g、食塩相当量 1.0g)
販売者味の素
原材料スイートコーン(アメリカ又は日本)、砂糖、でん粉、クリーミングパウダー、デキストリン、食用加工油脂、食塩、全粉乳、乳糖、オニオン、果糖、じゃがいも、コーンバターパウダー、コーン加工品、バターソテーオニオンパウダー、濃縮ホエイ、乳たん白、チキンエキス、酵母エキス、香辛料/調味料(アミノ酸等)、(一部に小麦・乳成分・大豆・鶏肉を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次