MENU

業務スーパーの『北京ダック』は買いなの? 一羽まるごとの食べ方・風味・アレンジをチェックしてみた

業務スーパーの『北京ダック』は買いなの? 一羽まるごとの食べ方・風味・アレンジをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『北京ダック』をご存じでしょうか。

北京ダック用のアヒル(骨付き合鴨肉)が一羽まるごと詰まった冷凍食肉です。下処理はされているので、オーブンで焼いて切り分けるだけ。それでも調理は大変ですけど、豪快なボリュームと特有の旨みがご褒美感たっぷりの一品ですよ。

目次

価格・内容量は?

『北京ダック』は948円(税込、税抜878円)で販売中。内容量は1kg。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品です。

コスパはいいの?

本品のコスパは約95円/100g。北京ダック用の丸鴨なんて一般スーパーではまず見かけないので、本品が安いかどうかの判断は難しいですね。ただ、通販サイトでも安い商品で160円/100g程度ですから、北京ダックを手頃かつ手軽に試せる珍しい商品かと思います。

最近の価格は?

『北京ダック』は時期によっては価格が変動する商品です。mitok[ミトク]ではたま〜に最新価格をチェックしているのでご参考にどうぞ。

チェック日参考価格(コスパ)備考
2023年06月948円(約95円/100g)1.0kg
2024年01月1,185円(約119円/100g)1.0kg
※品番・販売者・加工者等は異なる場合があります。

ちなみに、業スーの骨付き合鴨肉としては『合鴨コンフィ』(250g・321円・約128円/100g)もラインナップされています。

どうやって調理するの?

調理はそこそこ面倒です。

まず本品を開封したら冷蔵庫に一晩置いて自然解凍しておきます。次にオーブンを180℃に予熱しておき、クッキングシートを敷いた天板に本品をのせたら30分加熱。

一度取り出して裏返し、滲み出た肉の脂をスプーンなどですくって全体にかけて馴染ませたら、再び30分加熱。しっかりと焼き目がついたら焼き調理は終了です。

そして、皮と身を適当な厚さに切り分けます。皮だけ切ってもいいですし、肉と一緒に厚めにスライスしてもOK。

背骨に沿う感じで縦に深めの切り込みを入れてから、一口サイズになるよう削ぎ切りにしていくと切りやすい印象です。

餃子の皮で包んで食べても旨し!

鴨肉単体で食べてもいいですけど、せっかくなので細切りにしたきゅうりや白髪ねぎと一緒に、甜麺醤を塗ってお好みの皮に包んでいただくのがおすすめです。

パッケージ裏にはカオヤーピン(北京ダックを包む餅皮)の作り方も記載されていますが、こだわらないなら餃子の皮や春巻の皮で代替すればOKですよ。

表面に砂糖と香辛料が軽く塗ってあり、そのまま食べてもほんのり甘辛い風味があります。

柔らかくほぐれる肉質、さらりと切れる脂の旨み、パリッと焼いた皮の香ばしさ。どこをとってもクオリティは上々で、抜群のご褒美感を楽しめます。

美味だけどハードルは高い

『北京ダック』は味も食感も文句なしとはいえ、食材の用意を含めて調理の大変さがネックですね。

少量ずつ切ってアレンジし、普段のメニューに鴨肉レシピをプラスするといった使い方も一応できます。

ただ、味付けもされてますし、基本的には北京ダック専用の食材と考えたほうがよいかと。お祝いやパーティ用途に購入するのがおすすめですよ。

カロリーは?

気になるカロリーも確認しておきましょう。

『北京ダック』は100gあたり250kcal(脂質 18.5g、炭水化物 0.7g)。お召し上がりの際の目安にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

北京ダック
総合評価
( 5 )
スクロールできます
内容量1kg
カロリー100gあたり250kcal(たんぱく質 20.2g、脂質 18.5g、炭水化物 0.7g、食塩相当量 1.2g)
原産国中国
輸入者神戸物産
原材料骨付き合鴨肉、食塩、香辛料、砂糖
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次