MENU

業務スーパーにある『鰻蒲焼』はうな丼を安く食べたいならアリ? 味やコスパをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『鰻蒲焼』をご存じでしょうか。

食べきりボリュームの冷凍うなぎです。細長くカットされた5切れのうなぎを、シンプルな醤油だれで蒲焼きにしたもの。物足りなさは否めないものの、少しでも安くうな丼を食べたい時にはアリでしょうか。

目次

ベニレイ|鰻蒲焼|375円


業務スーパーでは375円(税込、税抜348円)で販売中です。カット済みの冷凍うなぎが5切れ入って、内容量は100g。カロリーは293kcal(脂質 21.0g、炭水化物 3.1g)。原産国は中国、輸入者は丸紅、販売者はベニレイ。

『炭火焼うなぎ蒲焼 有頭』(約295g・1,166円・約395円/100g)などの業スー品と比べても、特に見劣りしないコスパ感。中国産うなぎとしては平均的か、それよりちょい安めの価格設定と言えます。

調理は袋のまま熱湯に入れて約5分温めるか、袋に切れ目を入れてから電子レンジ(500W)で約2分チンするだけ。醤油と砂糖がメインのシンプルなたれで味付けされた蒲焼きがサッと用意できます。山椒は付属していないので、別途用意するのがおすすめ。

ふんわり柔らかな口当たりで、小骨もほぼ感じない良食感。身の厚さは平均的ですけど、小さく細長いスライスのせいか、微妙に食べごたえを感じづらい印象です。たれの量も少ないので、うな丼にするなら別途たれを追加したほうがいいかも。

脂のりは際立ちませんが、焼き目の香ばしさは十分ですし、素材自体のクオリティは問題なし。たれのシンプルさと食い足りないボリューム感が好みを分けそうです。安さと手軽さを重視するなら買ってOK、といったところですね。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 中国産養殖うなぎの蒲焼きを小さくカットした冷凍おかず
  • 身の厚さ、食感、香ばしさは平均点だけど、たれの量と味付けに物足りなさが残る
  • 他に目立った欠点はないので、価格の安さと調理の手軽さを重視するなら優秀な選択肢
  • ご褒美感と食べごたえを楽しみたいなら『本蒲焼うなぎ 無頭』(約239g・1,077円)などがおすすめ

商品の評価と詳細情報

ベニレイ 鰻蒲焼
総合評価
( 4 )
内容量100g(5切)
カロリー293kcal(たんぱく質 23.0g、脂質 21.0g、炭水化物 3.1g、食塩相当量 1.3g)
原産国中国
輸入者丸紅
販売者ベニレイ
原材料うなぎ(中国産・養殖)、タレ(しょうゆ(小麦・大豆を含む)、ぶどう糖果糖液糖、発酵調味料、砂糖、食塩)/酒精、増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、着色料(紅麹、カラメル、クチナシ)、調味料(アミノ酸等)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次