MENU

業務スーパーの『天ぷら用さつまいも』は大学芋にもおすすめ! 甘さ控えめのラクチン食材

業務スーパーで販売されている『天ぷら用さつまいも』をご存じでしょうか。

ベトナム原産の冷凍さつまいもです。程よい厚さで輪切りにされており、天ぷらだけでなく煮物や大学芋といった各種レシピにもアレンジしやすい感じ。甘さは弱いものの、使い勝手は申し分ない一品ですよ。

目次

『天ぷら用さつまいも』の価格・コスパは?

『天ぷら用さつまいも』は300円(税込、税抜278円)で販売中。内容量は500g、カロリーは100gあたり132kcal(脂質 0.2g、炭水化物 31.5g)。神戸物産がベトナムから輸入・販売するプライベートブランド品。

以前紹介した際の商品は246円(税込)だったので、22%ほどの値上がり。コスパ(単価)は100gあたり60円。ちなみに細長い形にカットされた『冷凍さつまいも 皮なしスティックカット』(500g・267円・約53円/100g)もラインナップされています。

『天ぷら用さつまいも』の調理方法は?

凍った状態のままレシピに応じた方法で加熱するだけで食べられます。煮物や汁物なら他の具材と鍋に投入するだけ。天ぷらの場合も冷凍状態のまま衣を付けて揚げられます(天ぷら粉は別途用意)。そのまま食べたい場合は、レンジ(500W)で2分程度チンして解凍すればOKです。

『天ぷら用さつまいも』の風味・食感は?

ベトナム原産のさつまいもは、甘みの強さも食感も平均的。冷めるとしっとりボソボソしがちですけど、揚げたてはほっくり柔らかな気持ち良い口当たりです。ただ、そこまでの厚みはないので特有のホクホク感は最低限といった印象ですね。

果肉のねっとり感も特に感じない、かなり素朴でそっけない味わい。パッケージがリニューアルされる以前の商品と比べて、風味にもカロリーにも変化はないようです。品質は安定していますが、決め手に欠ける感じは否めなません。

薄めのスライスで火が通りやすいのは長所ですし、いずれのレシピでも比較的短時間で仕上がります。クオリティよりは調理しやすさを重視するときに買いたい一品ですね。国産品種に比べてあっさり寄りの淡白な甘さなので、レモン煮や大学芋にしてしっかり甘めに仕上げるのもおすすめですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 食べやすい輪切りにスライスされたベトナム原産の冷凍さつまいも
  • しっとりほっくり食感は十分楽しめるけど、全体的に没個性な味わい
  • ねっとり濃厚な味わいよりも、活用度と調理しやすさを重視するときに選びたい
  • 味を重視するなら『冷凍さつまいも 皮なしスティックカット』(500g・267円)がおすすめ

商品の評価と詳細情報

天ぷら用さつまいも
総合評価
( 3.5 )
内容量500g
カロリー100gあたり132kcal(たんぱく質 1.2g、脂質 0.2g、炭水化物 31.5g、食塩相当量 0g)
原産国ベトナム
輸入者神戸物産
原材料さつまいも
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次