MENU

業務スーパーの『冷凍かき(韓国産)』はどうなの? サイズ・風味・食べ方をチェックしてみた

業務スーパーの『冷凍かき(韓国産)』はどうなの? サイズ・風味・食べ方をチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『冷凍かき』をご存じでしょうか。

殻を剥いた韓国原産の牡蠣です。必要なぶんだけ使いやすいバラ凍結で、粒の大きさも及第点。旨みの濃さを含めてそつのないクオリティなので、鍋や牡蠣カレーなどにたっぷり使いたいときに重宝しますよ。

目次

価格・内容量は?

『冷凍かき』は1,598円(税込、税抜980円)で販売中。内容量は800g、カロリーなどの栄養成分表示は未記載。神戸物産が韓国から輸入・販売するプライベートブランド品。

ちなみに国産品の『広島産 中粒かき』(400g・895円)という商品も販売されていますね。

最近の価格は?

『冷凍かき』は価格が変動しやすい商品です。mitok[ミトク]ではたま〜に最新価格をチェックしているのでご参考にどうぞ。

チェック日参考価格備考
2019年10月1,166円(約146円/100g)800g・当時のレビュー
2023年02月1,598円(約200円/100g)800g
2024年01月2,030円(約254円/100g)800g
※品番・販売者・加工者等は異なる場合があります。

2024年1月追記)2019年当時と比べると倍近い値上げになっています。これは購入をだいぶ躊躇するレベル……!

下処理は?

『冷凍かき』を食べる際はまず解凍から。必要な量を別容器に移し、冷蔵庫に約60分置いて自然解凍すれば、あとはフライなどレシピに応じた方法で加熱調理するだけです。急ぐ場合は塩水を張ったボウルに約5分浸けて解凍してもOKですよ。

表面に品質保持用の氷衣が付いており、解凍時には多めの水分が滲み出るため、フライや炒め物の場合は事前にキッチンペーパーで水分を拭き取るのが無難ですね。

味わい・食感は?

加熱しすぎなければふっくらした食感が十分に楽しめる平均的なサイズ感。ふわっと柔らかな口当たりに続いて、独特のミルキーな旨みがしっかりと広がります。

国産品に比べれば若干あっさりしている印象はありますが、変なくさみや苦味の強さなどは気になりませんし、食べやすい味わいです。安心して買える冷凍カキでしょう。

バター醤油炒めなどの簡単なレシピはもちろん、鍋物や汁物に入れて出汁の味わいを楽しむ用途にも問題なし。比較的優しいまろやかな風味が行き渡ります。

味噌煮込みなどのこってりレシピに使っても、ちゃんと味付けが滲みてくれますね。

解凍したあとそのまま投入できるので、やはり煮込み系に最も使いやすいかと。牡蠣カレーの具材なんかもおすすめの使い方です。

どんな人におすすめ?

『冷凍かき』はどうしても風味面での個性が弱い印象があります。苦味や磯っぽい香りといった尖った部分を求めるなら、ちょっと選びにくいかも。

どちらかというとコスパ食材ですね。多めに牡蠣を確保したいときの選択肢にちょうどいい。値上げが続くとはいえ、それでも他店と比べればお買い得ですし。

『冷凍かき』の特徴をまとめると以下のようになります。

  • 殻を剥いてバラ凍結した加熱調理用の冷凍輸入牡蠣
  • ふっくらジューシーな食感と優しい旨みでクオリティは及第点
  • 濃厚感は普通だけど磯っぽさや苦味が弱いのでレシピを選ばず使いやすい
  • クオリティを重視するなら『広島産 中粒かき』(400g・895円)がおすすめ

商品の評価と詳細情報

冷凍かき
総合評価
( 5 )
スクロールできます
内容量800g
原産国韓国
輸入者神戸物産
原材料かき
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次