業務スーパーの1キロスイーツ『抹茶プリン』の駄菓子感がすごい

業務スーパーの名物といえば、1kg入りの「牛乳パックスイーツ」シリーズ。水ようかんや杏仁豆腐、マンゴープリンにチョコババロアまで。様々なぷるぷる系おやつを大ボリュームかつ格安でひとり占めできちゃう、インパクト大のオリジナル商品です。

12月に入ってから店頭で見かけるようになった新作が『抹茶プリン』。コンビニ・スーパー売りの冷蔵スイーツ類の中でも、なんとなくプレミアム感がある抹茶テイストのプリンが、297円(税込)で食べ放題ですと……! 高コスパ感がスゴい一品、早速試してみました!

 

業務スーパー|抹茶プリン|297円

おすすめ度 ★★★☆☆

業務スーパーの冷蔵コーナーにて販売中です。内容量は1kgで、価格は297円(税込)。

製造者は他の牛乳パックスイーツと同様、神戸物産の子会社である愛知県の豊田乳業となっております。

牛乳パックの口を全開にして、恒例の開封の儀! 抹茶色の塊がズルズルッと飛び出てきました。端っこの面にシワが寄っているので分かりますが、表面の弾力が弱いフニフニした固まり方で、ややゆるめの仕上がりです。

牛乳パックスイーツシリーズ同士で比べると、『マンゴープリン』はムースやババロアに近いしっとり系の固まり方。『カスタードプリン』はプルプルかつムニャッとした柔らかさで、この『抹茶プリン』と似た感触でした。要するに、口の中でズルズルッとして若干もたつくような食感の一群。口当たり的には駄菓子感がかなり強いです。

お味はというと、プリンの甘みも抹茶の香りも同じぐらい強め。渋みは抑えてありますね。良く言えば味の輪郭がハッキリとして食べやすく、悪く言えば単調な風味。ひとりで食べると飽きそうですが、それは味よりもボリュームが大きな要因ですね。

ワンカップ分に切り分けて小皿に盛って複数人に出した場合、味自体は普通のスーパー売りの商品と区別がつかないと思います(食感は好みが分かれそうですが)。ひとりでちょいちょいつまむよりは、パーティー用途に向いてそう。ビジュアル的にも盛り上がるかと!

フルーツ缶・あずき・白玉で和スイーツにアレンジ!

パッケージに記載されたレシピを参考に、「抹茶プリンあんみつ」にアレンジしてみました。本品を一口サイズにカットして、好きなフルーツと一緒に盛り付け、黒蜜などをかければ完成! 果物類のフレッシュな酸味と意外に好相性で、フルーツミックス缶詰とそのまま組み合わせるだけで十分美味しいです。

抹茶おしるこ風」というレシピも記載されていました。本品を耐熱容器に移してラップをし、レンジでチンして溶かしたところに、白玉やあんこをトッピング(今回はフルーツ缶の寒天で代用)。これはアツアツの液状にすると、なんとも激甘……! ちょっとクセはあるけど、一風変わった和スイーツとしてアリな範囲かと。同じく業務スーパーの激安冷凍おやつ『白玉団子』と一緒に買うのがおすすめです!

カロリーは?

100g当たり109kcal。1kg全部食べたら、1090kcalですね。