無印良品の『ジャージャー飯』はごはん2杯は必要な激甘辛テイストだった

無印良品で販売されている『ごはんにかける ジャージャー飯』をご存じでしょうか。

コンビニ弁当なんかでもだいぶおなじみ “ジャージャー麺” のご飯向けバージョンというところ。じゃぁ、おいしそう? ちょいとお待ちを。味わいはかなり甘みの強い甘辛テイスト。好みが分かれそうな味わいな個性派であります。

無印良品|ごはんにかける ジャージャー飯|290円

おすすめ度 ★★★☆☆

無印良品のオリジナル食品『ごはんにかける ジャージャー飯』は290円(税込)。パウチのまま4〜5分ほど湯煎か、中身を容器に移して電子レンジで加熱すればOK。1人前(120g)とのことですけど、丼ぶりに1杯分くらいの量はありますかね。普通のご飯茶碗なら2杯分くらいでもよさそう。

甘辛テイストの “甘寄り” の味わい。個性強めの味わいなので、好き嫌いは分かれそう。コンビニで売っているようなジャージャー麺のやや辛味噌テイストを想像してたりしたら、ちょいとお口に合わない気はします。

というわけで、甜麺醤(てんめんじゃん)ベースの甘味噌テイストです。もちろんベタ甘なわけではなく、旨みの中ににんにくや生姜などの辛みも感じさせますが、全体的には甘みの濃さが際立っていますね。好みに応じて七味や醤油、酢を加えたり、生卵を落としたりといった味の調整をしてもよさげ。お漬物もあればなおよし。

具材は豚肉、にんじん、じゃがいものブロックが混ざっているんですけど、とにかく “ジャージャー” のほうの味が濃いため、存在感はかなり薄め。本品の味が気に入ったならば、オリジナルで具材を加えるのもアリでしょう。

『ごはんにかける ジャージャー飯』はとにかく甘さ寄りの甘辛テイストがお好きな人向け。かなり濃厚なので、ご飯茶碗2杯分くらいの感覚で食すとよいと思います。ちなみに、うどんや中華麺あたりと組み合わせてみるのもいいかもしれませんね。

商品情報

  • 内容量|120g
  • カロリー|181kcal
  • 販売者|良品計画
  • 原材料|野菜(たまねぎ、にんじん、じゃがいも)、甜麺醤、豚肉、植物油脂(大豆油、ごま油、香味食用油)、清酒、砂糖、ガーリック、しょうが、肉エキス、食塩、酵母エキス、増粘剤(加工でん粉)、カラメル色素、(原材料の一部に小麦、牛肉を含む)
  • 販売ページはこちら

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。