無印良品のカレー『サグチキン』のおすすめ度は? 気になるほうれん草感や味をチェック

無印良品で販売されている『素材を生かしたカレー サグチキン(ほうれん草とチキンのカレー)』をご存じでしょうか。

インド料理店なんかでもおなじみのほうれん草カレー。本品は青物野菜のクセをほどよく利用した仕上がりで、個性的ながらも、かなり万人受けするタイプの旨みたっぷり系インドカレーとなっています。無印良品でカレー選びに迷ったとき、ハズレない選択肢として、ぜひ候補に入れてみてくださいっ。

無印良品|素材を生かしたカレー サグチキン(ほうれん草とチキンのカレー)|490円

おすすめ度 ★★★★★

無印良品のオリジナルカレー『素材を生かしたカレー サグチキン(ほうれん草とチキンのカレー)』は1袋180gで490円(税込)。なかなかのご褒美プライス。サグカレーは一般にほうれん草などの青菜を使ったカレー料理のことですね。インド料理屋ではよく見かけるかと。サグ(ヒンディー語:साग)は青物野菜なんかを意味するそう。本品はレトルトパウチ仕様で、湯煎で5〜7分間、電子レンジなら容器に移して約2分間(500W時)加熱すればOKです。

サグカレーって本格的になるほど青物野菜のえぐみを活かしすぎちゃって、日本人の舌にはクセ強すぎかな〜と思うものもありますけど、さすがは無印良品。本品『サグチキン』は個性的な旨みはちゃんとありつつ、ほぼ万人がおいしいと感じる完成度となっております。選んでOK。辛さは中辛ていど

原材料の青物野菜は3種類で、ほうれん草と小松菜のペースト、ケールのパウダー。見た目のほどよいグリーン感と同様に青物野菜のクセは控えめなものの、骨太テイストのカレーの中で苦味がやわらかに響いてくることもあり、しっかりと個性的な味わいとなっているんですよね。基本は塩気とチキンエキスが強めに効いた中に、にんにくやしょうがの旨みも溶け込んだカレーでして、そこに小粋に香るグリーンテイストがクセになりますね。風味の弱いパサつき気味の鶏肉は無くして、カレーを増量してくれてもいいような(笑)。

無印良品でカレー選びに迷ったら『素材を生かしたカレー サグチキン(ほうれん草とチキンのカレー)』は外れのない選択肢かと。予算が許すなら、数食分買い置き推奨の良銘柄ですよ〜。

商品情報

  • 内容量|180g
  • カロリー|224kcal(脂質 15.1g|炭水化物 11.7g|食塩相当量 2.3g)
  • 販売者|良品計画
  • 原材料|ほうれん草ペースト、鶏肉、小松菜ペースト、トマトペースト、クリーム(乳製品)、なたね油、乾燥炒めたまねぎ、チキンエキス、香辛料、バター、おろしにんにく、食塩、おろししょうが、でん粉、ケールパウダー、(原材料の一部に大豆を含む)
  • 販売ページはこちら

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。