無印良品『牛ばら肉の大盛りカレー』のおすすめ度は? 気になる量やスパイシー感をチェック

無印良品で販売されている『素材を生かした 牛ばら肉の大盛りカレー』をご存じでしょうか。

“大盛り” という印象から受けがちな大雑把テイスト……ではなく、おうちカレー的でありながら、旨みとスパイスの加減に無印良品的個性が光るテイスト。スパイシーカレー好きの辛口OKな大人にはわりとおすすめです。

無印良品|素材を生かした 牛ばら肉の大盛りカレー|350円

おすすめ度 ★★★★☆

無印良品のオリジナルカレー『素材を生かした 牛ばら肉の大盛りカレー』は350円(税込)。レトルトパウチ仕様で1袋300gの大盛り系、その分506kcalと高カロリー食材ではあります。調理は湯煎なら5〜7分間、電子レンジなら中身を容器に移して約3分間(500W)加熱すればOK。製造所のハチ食品は、レトルトカレー製造では有名なメーカーですね。

“大盛り” という商品名から、なんとなく “おうちカレー” 的なよくあるテイストを想像していたら、その想像は裏切られるんじゃないかと思います。欧風カレー的ではあるものの、ベースの旨みが濃厚でスパイシー感。無印良品独特のオリジナルテイストといったところでしょうか。

トマトやガーリックの旨みも塩分も効いているし、甘さだけじゃなく、ガラムマサラなど各種スパイスによる辛みや苦みもあり、口当たりは一般感があるのに、舌の上を進むにつれてどこか硬質な印象(苦み?)を覚えるんですよね。自分は絶対にスパイシーなインドカレー派!って人も、本品が持つ独特なスパイス感は評価できる気がします。その中で少量の牛肉がちょっとした甘み要素として効いているのもポイントかな。ただ、お子さんにはやや難解なテイストかもしれませんね。辛さもしっかりあるので。

それにしても確かにルーの量が多い『素材を生かした 牛ばら肉の大盛りカレー』(牛ばら肉は少ない)。食べる際はごはんも大盛りで用意、もしくは少食なふたりならシェアする感じでどうぞ。意外と繊細なテイストのカレーであることは認識しておいてください!

商品情報

  • 内容量|300g
  • カロリー|506kcal(脂質 35.1g、炭水化物 30.3g、食塩相当量 4.6g)
  • 製造所|ハチ食品 駒ヶ根工場
  • 販売者|良品計画
  • 原材料|牛肉(オーストラリア)、ソテーオニオン、豚脂、小麦粉、砂糖、食塩、トマトペースト、コリアンダー、クミン、ターメリック、酵母エキス、パプリカ末、にんにく、ビーフエキス調味料、ガラムマサラ、ウスターソース、マッシュルームソース、ビーフエキス、カルダモン、たん白加水分解物、唐辛子、こしょう、オールスパイス、シナモン、ローレル/加工でん粉、カラメル色素、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆・豚肉・ゼラチンを含む)
  • 販売ページはこちら

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。