無印良品のカレー『バターチキン』のおすすめ度は? 気になる味やこってり感をチェック

無印良品で販売されている『素材を生かしたカレー バターチキン』をご存じでしょうか。

インドカレーでは定番感のあるメニューですかね。無印良品Ver.はバター&クリーム&トマトソースがそれぞれ良バランスで溶け合った一品です。トマトの酸味が各素材の旨みやコクとほどよくなじんで食べやすい。お子さんもおいしくいただけると思いますよ。

無印良品|素材を生かしたカレー バターチキン|350円

おすすめ度 ★★★★★

無印良品のオリジナルカレー『素材を生かしたカレー バターチキン』は350円(税込)。内容量は180g、カロリーは251kcal。レトルトパウチ仕様で、調理は湯煎なら約5〜7分間、電子レンジなら中身を容器に移して約2分間加熱すればOKです。

バター&クリーム&トマトソースがベースとなったバターチキンカレー。これを看板メニューにしているようなインドカレー屋さんもよく見かけますよね。味はさまざまですけど、本品は無印良品らしいバランス感に仕上がった良カレーとなっております。

軽くとろみのあるカレー。バターのコクはあるけどクドすぎず、トマトの酸味はあるけど強すぎず、カシューナッツの風味はあるけど濃すぎず、重々しいスパイス感はないけど、どっしりとした旨みを感じさせ、かつマイルド感のある口当たり。お店のバターチキンって、こってりすぎや甘すぎなど、どこか尖った部分があるようなイメージですが、本品はそうした特徴をまろやかにまとめている印象ですね。バターチキンらしい個性は生かしつつ、万人受けのテイストとなっています。パサつき気味のチキンもおいしくいただけるってもんです! ちなみに辛さは弱めですよ(かといって甘いわけでもなし)。

バタークリームのコクとトマトのフレッシュな酸味がおいしく融合できている『素材を生かしたカレー バターチキン』。常備カレーにもおすすめです。

※余談ですが、本品で使われているスパイスは複合原材料としての名称「香辛料」ではなく、個別に記載されているので、自作カレーでスパイスを調合するときなどのご参考にもどうぞ。

商品情報

  • 内容量|180g
  • カロリー|251kcal(脂質 15.5g、炭水化物 16.6g、食塩相当量 1.9g)
  • 製造者|ー
  • 販売者|良品計画
  • 原材料|鶏肉、トマトピューレー、トマトペースト、炒めたまねぎ、ギー(バターオイル)、クリーム(乳製品)、カシューナッツペースト、トマトケチャップ、砂糖、植物油脂、野菜(しょうが、にんにく)、チキンエキス、食塩、パプリカ、小麦粉、でん粉、コリアンダー、クミン、ターメリック、カルダモン、シナモン、黒コショウ、カスリメティ、フェンネル、クローブ、メース、ローレル
  • 販売ページはこちら

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます。あらかじめご了承ください。