無印良品『豚肉と玉ねぎのカレー』のおすすめ度は? 気になる味や具材をチェック

無印良品で販売されている『素材を生かした 豚肉と玉ねぎのカレー』をご存じでしょうか。

けっこう厚めの豚バラ肉、食感を残した薄切り玉ねぎ、そしてどこか “おうちカレー” っぽい味わい。多くの日本人の子どもの頃から慣れ親しんできたカレーライスの旨み上々バージョンといったところでしょうか。オーソドックスな日本カレーがお好きな方ならかなりお口に合うかと思います。

無印良品|素材を生かした 豚肉と玉ねぎのカレー|350円

おすすめ度 ★★★★☆

無印良品のオリジナルカレー『素材を生かした 豚肉と玉ねぎのカレー』は350円(税込)。内容量は180g、268kcal。レトルトパウチ仕様で湯煎なら約5〜7分間、電子レンジなら容器に移して約2分間(500W)加熱すればOKです。

なんとなく給食のカレーを思い出す……ただし、それより二歩も三歩も進んだ味だけど……というのは一部の編集スタッフからの感想。もしくは、自慢の “おうちカレー” のような安心感のある味わい。市販の固形ルウをベースに、独自の旨みを加えた家庭の味……って感じでしょうか。

ベースは欧風寄り。玉ねぎやりんごの旨み&甘みが効いた、お子さまも大好き系テイストのよう。でも、スパイシーな辛みが瞬間膨らんではパッと薄れるようなクセがあって、やっぱり大人向けの加減って感じ(中辛かな)。そして具材。これが家庭っぽさを思わせる要素として大きいんです。薄切り玉ねぎの軽く食感を残したような煮込み具合とか、やや厚切りで脂身こってりの豚肉から漂う、スーパーに並ぶお値ごろ豚バラ感。お高く止まった雰囲気のない具材たち……なんだか庶民っぽくてホッとします(笑)。

そんな感じに、どこか家庭的な味わいの『素材を生かした 豚肉と玉ねぎのカレー』。“普通の日本的カレー” がお好きな方ならストライクかと思います。オーソドックスさを追求したテイスト、ぜひご堪能ください。

商品情報

  • 内容量|180g
  • カロリー|268kcal(脂質 18.2g、炭水化物 16.0g、食塩相当量 2.0g)
  • 販売者|良品計画
  • 原材料|豚肉、たまねぎ、りんごピューレー、醤油加工品、なたね油、小麦粉、砂糖、おろししょうが、チキンエキス、カレー粉、香辛料、でん粉、ビーフエキス、食塩、おろしにんにく、酵母エキス、
  • 販売ページはこちら

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます。あらかじめご了承ください。