業務スーパーの1kg冷凍レバー『吉備高原どり 若鶏肝』は普段おかずにベンリな良コスパ食材

業務スーパーの冷凍食品で『吉備高原どり 若鶏肝』という商品はご存知でしょうか。

岡山県産の鶏レバーがたっぷり1kg詰まった冷凍肉食材です。価格は429円(税込)で、100g当たり約43というお安いコスパ感がなにより魅力的。業スーにはチルドの『上州高原どり 若どりきも』(2kg・756円)という更なるコスパ肉も存在しますが、一人暮らしでも完食しやすいボリュームと冷凍品の保存しやすさを重視するなら、こちらも十分おすすめですよ。

業務スーパー|吉備高原どり 若鶏肝|429円

おすすめ度 ★★★★★

業務スーパーの冷凍食品コーナーにて、429円(税込)で販売中。岡山県産の鶏レバーが内容量にして1kgほど詰まっています(100gあたり約43円)。レバー同士がくっつき合って冷凍されていますが、一応バラ凍結になっているようで、軽く自然解凍すれば必要な分だけ取り分けられます。血は多めに残っており、ハツも繋がったままですから、どのメニューに使うにせよ血抜きとカットの下処理は必要になるかと。

上州高原どり 若どりきも』よりもレバー特有の血の風味が強く、濃厚ながらも若干クセがあり、軽い臭みも否めないかも。旨味を重視する方でも、一度は血抜きか下茹でを行うのがおすすめです。食感については特に問題なく、加熱しすぎなければしっとり柔らかな口当たりを楽しめます。レバニラ炒めや肝煮をはじめ、手軽なおかず食材としての活用度もバッチリ。余裕を持って消費できる大ボリューム食材かと思います。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • ハツの繋がった鶏レバー1kgをバラ凍結した冷凍肉食材
  • 血の風味が強すぎるけど、水に浸けて軽く血抜きすればグンと食べやすくなる
  • 下処理の手間を差っ引いても、食費節約用にかなり優秀でチョイスしやすい激安おかず食材
  • コスパとボリュームを最重視するなら『上州高原どり 若どりきも』、冷凍状態の使いやすさを重視するなら本品がおすすめ

商品情報

  • 内容量|1kg
  • 加工者|グリーンポートリー
  • 原産地|岡山県
  • 原材料|鶏肝

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。