無印良品のコーヒー豆『ラテ用ブレンド』は牛乳の風味をちゃんと楽しめるテイスト

無印良品で販売されている『オーガニックコーヒー ラテ用ブレンド 豆』をご存じでしょうか。

その名のとおりカフェ・ラテ作りに適したコーヒー豆です。硬派な苦味とクセのない風味なので、お好みの牛乳とあわせてお愉しみください。

無印良品|オーガニックコーヒー ラテ用ブレンド 豆|490円

無印良品のオリジナルレギュラーコーヒー(豆)『オーガニックコーヒー ラテ用ブレンド 豆』は490円(税込)。内容量や生豆生産国、コスパなどは下記のとおり。製造所はユーシーシー上島珈琲です。

  • 内容量|200g
  • 100gあたり245円
  • 1杯=約10〜12gで約16〜20杯分
  • 1杯(約10〜12g)あたり約25〜30円
  • 生豆生産国|コロンビア、ホンジュラス
  • 焙煎|(表面に「極深煎り」と記載)

「ラテ用」という記載のとおり、ローストは深煎り、苦味主体の味わいです。酸味が薄くクセが無いので、ミルクの旨みを邪魔しない。使用する牛乳の次第で、さまざまな味わいのラテを楽しめると思います。

ラテ作りは、ドリップしてからホットミルクを混ぜればOKですが、エスプレッソマシンがあるならもっとコーヒーの味わいどっしりのラテが楽しめますよ。

深煎り好きであれば、ラテではなく、ストレート用コーヒー豆としても気になるかと思います。一応ブラックで飲む際の味の傾向もチェックしてみました(細挽きで)。

  • 苦味|■■■■□
  • 酸味|■■□□□
  • 甘味|■■□□□
  • コク|■■□□□
  • 香り|■□□□□

もちろん深煎り党のための、苦味をメインとした味わい。豆の風味を活かしているというよりは、あくまでもローストを深くすることで作った苦味って感じです。そういう点では、ラテ用というのは納得ですね〜。

風味豊かとは言えないものの、奥のほうに酸味を感じさせ、土っぽい香りも。無骨な苦味のコーヒーがお好みだったら、ストレートに飲むのもアリかと思いますよ。(ラテが一番だけど)

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■名称|有機レギュラーコーヒー(豆) ■内容量|200g ■カロリー|― ■製造所|ユーシーシー上島珈琲 ■販売者|良品計画 ■原材料|有機コーヒー(生豆生産国:コロンビア、ホンジュラス)