業務スーパーにある『お米屋さんのたきたてごはん』はどう? 味や10食入りのコスパをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『お米屋さんのたきたてごはん』をご存じでしょうか。

10食セットのレトルトご飯パックです。1食約75円というお手頃感が魅力的な大ボリューム品。風味・食感ともにクセのない仕上がりで、レンチンご飯をストックしておきたいときに重宝する一品ですよ。

テーブルマーク|お米屋さんのたきたてごはん|753円

業務スーパーでは753円(税込、税抜698円)で販売中。2021年10月現在のセールでは710円(税込)に割引中です。1食200gのご飯パックが10食分入って、総容量は2kg。カロリーは1食あたり301kcal(脂質 0.6g、炭水化物 69.0g)。製造・販売はテーブルマーク。

コスパ(単価)は100gあたり約38円、1食あたり約75円。レトルトご飯は一般スーパーだと1食あたり85~90円程度の商品が多いので、けっこうオトク感があるかと。ちなみに業スー品だと『ごはんエコパック』(3食・197円・約66円/1食)のほうがお安くなります。

調理は点線までシートをはがして、レンジ(500W)で約2分チンするだけ。熱湯に入れて約14分加熱してもOKです。原材料は国内産うるち米と表記されており、詳しい産地は不明。見た目と量はごく一般的なレトルトご飯です。

軽くねっとりした口当たりで、粒立ちはほんのり小さめ。良く言えばふんわりした、悪く言えばコシの弱い食感で、モチモチ感はありません。ほんのりと甘みを感じる、あっさりした旨味。各種銘柄米に比べれば没個性ですけど、こだわらなければ問題なく常用できるクオリティですね。

お米のツヤを出すために酸味料が添加されているものの、変な臭いは特になし。卵かけご飯や納豆ご飯など、シンプルなレシピでも普通においしく食べられます。ストック用のパックご飯としては十分優秀な一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 国産米を使用したレトルトご飯が10食分入った大ボリューム品
  • 淡白な旨味と柔らかめの食感で、尖った部分のない標準的なパックご飯
  • 粘度も強すぎず、添加物のクセもないので、こだわらなければ問題なく使い切れる
  • 若干クオリティは落ちるけど、さらに安さを重視するなら『ごはんエコパック』(3食・197円・約66円/1食)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|2kg(200g×10個) ■カロリー|1個あたり301kcal(たんぱく質 5.0g、脂質 0.6g、炭水化物 69.0g、食塩相当量 0.0g) ■製造者|テーブルマーク ■原材料|うるち米(国内産)/酸味料