MENU

業務スーパーにある30個『肉肉焼売』はどうなの? 味・食感・コスパをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『肉肉焼売』をご存じでしょうか。

ひとくちサイズの冷凍シュウマイです。クオリティはそこそこながら、簡単調理と手頃な価格(1個あたり約8円)が魅力的。以前紹介した際から時間が経ったので、あらためて使い勝手をチェックしてみました。

目次

京醍醐味噌|肉肉焼売|235円

業務スーパーでは235円(税込、税抜218円)で販売中。2021年10月現在のセールでは213円(税込)に割引中です。冷凍焼売が30個入って、内容量は360g。カロリーは100gあたり227kcal(脂質 10.9g、炭水化物 22.7g)。販売者は京醍醐味噌。

コスパ(単価)は100gあたり約65円、1個あたりは約8円。以前紹介した際はセール以外のタイミングでも213円(税込)で販売されていたので、若干の値上がり。それでも格安といえる範囲です。姉妹品に『肉肉餃子』(420g・235円・約56円/100g)などがあります。

調理方法は?

調理は蒸し器で約5分蒸すか、耐熱皿に移して小さじ1杯の水をふりかけてから、ラップをして電子レンジ(500W)で約2分チンすればOK。いずれも仕上がりに大差なし。ちなみに揚げ調理すると(170℃で3~4分ほど)カリカリ系の食感にアレンジできます。

どんな味? 食べごたえは?

薄めの皮で包んだシンプルなひとくち焼売。皮と餡の一体感が強い、全体につるっとした口当たりです。鶏豚のひき肉にタラを加えた餡の旨味はさっぱり寄り。フニャッとした柔らかさのなかに玉ねぎの歯ざわりがある食感を含めて、価格相応のチープさが残るクオリティです。

肉汁感も弱いので、晩ご飯のおかずには物足りない印象。以前と比べて目立った変更点はなく、お弁当の脇役には便利、といったポジションに留まります。大きな欠点はないので、節約用途で選ぶならOKな一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • ひとくちサイズで30個入った冷凍シュウマイ
  • ジューシーさや粗挽き感の足りない食感で、旨味と味付けもおとなしいバランス
  • あえて買うクオリティではないけど、軽いおつまみ用途や節約弁当作りには及第点
  • おかず度を重視するなら『大粒肉焼売』(300g・149円・約50円/100g)がおすすめ

商品の評価と詳細情報

肉肉焼売
総合評価
( 3 )
内容量360g(30個入)
カロリー100gあたり227kcal(たんぱく質 8.4g、脂質 10.9g、炭水化物 22.7g、食塩相当量 1.3g)
販売者京醍醐味噌
原材料玉ねぎ(中国)、食肉(鶏肉(国産)、豚肉(国産))、皮(小麦粉(国内製造)、食塩)、豚脂(国産)、澱粉、粒状大豆たん白、たら、砂糖、醤油、食塩、こしょう/調味料(アミノ酸)、(一部に小麦を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次