業務スーパーの2kg『若鶏テール』はどうなの? 風味・使い勝手・コスパをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『国産どり 若鶏テール』をご存じでしょうか。

鶏の尾骨の周囲に付いたテール肉(ぼんじり)の冷凍品です。強烈な脂っこさとトロトロの食感が際立った、おつまみ向きの部位。さすがに家庭で消費するにはボリュームが多すぎてチョイスしづらいものの、コスパを最重視するなら選択肢に加えてもいいかもしれません。

業務スーパー|国産どり 若鶏テール|626円

業務スーパーにて626円(税込、税抜580円)で販売中。内容量は2kg、カロリーなどの栄養成分表示は未記載。加工者はグリーンポートリー(業スーを運営する神戸物産のグループ会社)。原料は国産と表記されていますが、具体的な産地は不明です。

コスパ(単価)は100gあたり約31円。同じ部位を使用した商品である『上州高原どり 若どりテール』(1kg・429円・約43円/100g)『ぼんじり串』(1.25kg・1,566円・約125円/100g)よりも高コスパなポジションになります。

肉同士がくっついた状態でカチカチに凍っているので、まずは冷蔵庫に一晩を目安に置いて自然解凍する必要があります。その際、できれば必要な分だけ取り出して解凍したいところですが、かなりの力技になるので、このへんからして家庭向き食材とは言えないかも。

また、尾骨と油壺(黄色い脂肪の部分)は除去されていないので、気になる場合は解凍後に下処理しましょう。包丁で骨に沿って切り込みを入れて、削ぎ落とせばOKです。

フライパンで焼き調理が基本になります。注意点として、加熱時に多めの油が滲み出ます。油ハネも激しいので、もしあれば油ハネ防止ネットなどを用意したいところ。下処理を含めて、けっこう扱いが難しい手間のかかる食材です。

ぼんじり特有の、もっちりトロトロした柔らかな弾力食感はばっちり。こってりした濃厚な旨みも全開で、そのままでもビールおつまみとして満点のクオリティです。品質面で気になる点は見当たりませんが、脂分がクドいので、もたれやすいのはネックですね。

解凍後は日持ちしないので、飽きてきたら甘辛く味付けして、ぼんじり丼などにアレンジするのがおすすめ。再冷凍は品質が落ちるので基本NGなので、必要な分量のみ解凍して使うようにしましょう。

正直、一般家庭だと、2kgという分量を少しずつ解凍しながらチマチマ消費していくのは、手間の面でも飽きの面でも非現実的かと思います。よほどの好物でもなければ慎重に考えて購入したい一品ですね。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 国産鶏のぼんじりを2キロも詰め込んだ冷凍食肉
  • 濃厚な旨みともっちり食感でご褒美感はあるけど、飽きずに完食するのは大変
  • 尾骨と油壺は処理されていないため、解凍から下処理まで扱いに手間がかかる
  • 価格は上がるけど、下処理せずに食べられる『ぼんじり串』(1.25kg・1,566円)のほうがおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|2kg ■加工者|グリーンポートリー ■保存方法|-18℃以下で保存 ■原材料|鶏テール(国産)