MENU

業務スーパーの缶詰『さば水煮』は安いけど大丈夫? クセなし・アレンジ豊富でまとめ買いも悪くない

業務スーパーの缶詰『さば水煮』は安いけど大丈夫? クセなし・アレンジ豊富でまとめ買いも悪くない

業務スーパーで販売されている『さば水煮』をご存じでしょうか。

オーソドックスなさば缶です。比較的やや小ぶりにカットされた国産さばで、煮加減や味付けを含めて平均的な仕上がり。安めの価格に抑えられており、料理用にストックしておく用途には便利な一品ですよ。

目次

価格・内容量は?

『さば水煮』は116円(税込、税抜108円)で販売中。煮汁を含めた総容量は160g(さばの固形量は120g)。さばの原料原産地は日本、原産国(加工地)はタイ。神戸物産が輸入・販売するプライベートブランド品です。

コスパ的には?

コスパ(単価)は100gあたり約73円(固形量から計算すると約97円/100g)。一般スーパーのさば水煮缶は110円~140円/100g程度なので、十分に手頃さを感じられる価格です。

ちなみに『極洋 さば水煮』(190g・246円・約129円/100g)なども並んで販売されており、業スー商品のなかでも本品が最安クラスのポジションになります。

どんな味わい?

5切れほどの国産さばと煮汁が入っています。味付けは食塩と玉ねぎ粉末で調えられた程度。開封したらそのまま食べてもいいですし、加熱して料理に使ってもOKです。

煮汁はさらっとした口当たりで、臭みのない素直な風味。旨みを重視して汁ごと料理に加えてもいいですし、不要なら切ってしまっても問題ありません。

「ほぐしサバめし」がいける

身の厚さは平均点かちょい下ぐらい。ふっくらした柔らかさというよりは、やや硬めの引き締まった口当たりです。しっかり歯ごたえを残したタイプで、さばの混ぜご飯やほぐしご飯に好相性かと思います。

青っぽい臭みを最低限に抑えて、さば特有の旨みを引き立たせた風味。とはいえ脂のりが控えめなので、少し淡白ではあります。オーソドックスにさっぱりと仕上げられた水煮なので、単体ではこれといって言うことのない味ですね。

旨みがあるので「さばカレー」もおすすめ

さば自体も煮汁も素材の旨みをストレートに立たせているので、アレンジ活用度は十分高め。煮汁ごとトマト缶とカレー粉にあわせて、さばカレーにすると簡単においしく仕上がります。

単品でのクオリティはやや物足りないものの、コスパと活用度を加味すると使い勝手の良さが際立つ一品。さば缶を安価にまとめ買いしたいときの有力な候補に入りますよ。

カロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『さば水煮』は固形量120gあたり165kcal(脂質 5.8g、炭水化物 2.0g)。煮汁を切った状態でのカロリーになります。召し上がる際の参考にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

さば水煮
総合評価
( 4 )
スクロールできます
内容量160g(固形量120g)
カロリー固形量120gあたり165kcal(たんぱく質 26.2g、脂質 5.8g(n-3系脂肪酸 1.9g)、炭水化物 2.0g、食塩相当量 0.8g、EPA 636mg、DHA 1164mg)
原産国タイ
輸入者神戸物産
原材料さば(国産)、食塩、たまねぎ粉末/調味料(アミノ酸等)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次