業務スーパー『さんま甘露煮』のおすすめ度は? 気になる味や食べ方をチェック

業務スーパーの冷蔵惣菜で『さんま甘露煮』という商品はご存知でしょうか。

甘辛く煮付けたさんまを丸ごと3尾もタレと一緒に詰め込んだ、縦長パウチの惣菜パックです。骨ごとパクリといける柔らかさとクセのない味付けで、しっかりご飯がすすむ一品。1尾約70.6円というコスパ感で、毎日の食費を支えてくれること間違いなしですよ!

業務スーパー|さんま甘露煮|212円

おすすめ度 ★★★★☆

業務スーパーの冷蔵惣菜コーナーにて、212円(税込)で販売中。丸ごとさんまが3尾入っており、グラム数は未表記でした(参考までに、編集部での実測値は約340g)。パックから開け、お好みでレンジで数十秒チンすれば、そのままいただくことができます。

骨までほろりと柔らかく煮られたさんまは、頭からしっぽまで骨ごと完食OK。醤油だれは素直な甘みですが、身に染みすぎずほどよい濃さで、さんまの旨味をしっかり引き立てたバランスです。爽やかな生姜の香りも効いて、白米おかず度は申し分なし。コスパ感が際立つ安定のお魚惣菜かと思います!

ちなみに本品、以前は『国産さんま甘露煮』の商品名で販売されていたもので、去年8月に味の改良とともにリニューアルされた商品。原料はリニューアル前と同様、国産のさんまを使用しているそうです。全体の味の方向性は特に変わった印象はなく、リニューアル前から愛用していた人も安心してチョイスし続けてOKですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • クセのない素朴な醤油だれでご飯がはかどる甘辛さんま
  • 骨まで柔らかく煮付けつつ、ちゃんと魚の旨味と歯ごたえを残したバランス
  • 生姜の香りがシャキッと強く、甘口だけど引き締まった後味
  • 内臓の苦味もキツすぎず、おかずから晩酌のお供にまで使いやすい

商品情報

  • 内容量|3尾
  • カロリー|100g当たり282kcal
  • 製造者|ほくと食品
  • 原材料|サンマ、砂糖、しょうゆ(小麦・大豆を含む)、しょうが、食塩、醸造酢、香辛料/調味料(アミノ酸)、甘味料(ソルビトール、スクラロース、アセスルファムK)、カラメル色素、増粘剤(加工デンプン、キサンタン)、香料

※本記事の情報は掲載時点のものです。また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。あらかじめご了承ください。