業務スーパーの『おとなの大盛カレーうどんの素』は親しみやすい和風だしのやわらか旨辛味

業務スーパーで販売されている『おとなの大盛カレーうどんの素』をご存じでしょうか。

カレーうどんのパウチ入りレトルトスープです。かつおだしの効いた香りの良さと、あっさり寄りの優しい旨辛感が親しみやすい味わい。以前紹介してから時間が経ったので、あらためてお味をチェックしてみました。

業務スーパー|おとなの大盛カレーうどんの素 3人前|212円

業務スーパーにて212円(税込、税抜197円)で販売中。1袋あたりの内容量は300gで、3袋セットの商品(合計900g)。カロリーは1袋あたり113kcal(炭水化物 21.9g、食塩相当量 6.0g)。販売は神戸物産、製造は宮城製粉(業スーを運営する神戸物産のグループ会社)。

以前紹介した際の商品と比較して、価格とボリュームには変化なし。1食あたり約71円という手頃さは相変わらずです。原材料は微調整され、カロリーが微減しています(100gあたり117kcalから113kcalに)。

調理方法は袋のまま熱湯に入れて約6分加熱するか、耐熱容器に移してラップをかけたら電子レンジ(500W)で約3分チンするだけ。あとはお好みのうどんを用意して茹でておき、温めた本品をかければOKですね。

玉ねぎと人参を具材にしたカレーうどんの素です。具材は細かく刻んであり、存在感はイマイチ。野菜の香味を効かせる程度に留まっています。カレー粉の辛味はおとなしめで、後味にほんのりピリピリくるタイプの刺激感です。

牛肉だしとかつおだしを使用した和風な味わい。スパイス感は軽いけど、だしの旨みはしっかり骨太。全体的にあっさり優しい風味ながら、淡白さやチープさは感じない仕上がりですね。程よいとろみがあって麺への絡みも良好です。

単品だと満足度は価格相応なので、余裕があれば豚肉やごろごろ野菜などを追加したいところ。味付け自体は以前と変わらずクセがないバランスなので、カレーそばやカレー鍋などのアレンジ用途にも問題なく活用できますよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 牛肉だしと和風だしで仕上げたカレーうどん用レトルトスープ
  • 甘味や辛味が強すぎない、バランスの取れた旨辛感が親しみやすい
  • 以前と変わらず、具材を追加する手間が許せれば問題なくチョイスできる
  • 具材の満足度を重視するなら『カレーうどんの素 関西風味』(280g・84円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|300g×3袋 ■カロリー|1袋あたり113kcal(たんぱく質 3.8g、脂質 1.3g、炭水化物 21.9g、食塩相当量 6.0g) ■製造者|宮城製粉 ■販売者|神戸物産 ■原材料|野菜(たまねぎ(中国産)、にんじん)、砂糖、しょうゆ、牛肉、カレー粉、牛肉だし、食塩、かつお節エキス、にんにく粉末、牛肉エキス調味料/増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ソルビトール、ステビア)、カラメル色素、香辛料抽出物、(一部に小麦・牛肉・大豆・豚肉を含む)