業務スーパーの1kgとりから『若鶏あっさり唐揚げ』は淡白系のアレンジ向けコスパ食材

業務スーパーの冷凍食品で『若鶏あっさり唐揚げ』という商品はご存知でしょうか。

鶏むね肉に衣を付け、生姜やにんにくで味付けをした一品です。さっぱりした旨味のむね肉を、控えめな醤油ベースの和風テイストで仕上げた唐揚げは、全体にかなり淡白な味。ご飯のおかずにするなら味付けを足すのが前提ですが、サッとビールのおつまみが欲しい時にはまあまあ便利といったところ。上品系の唐揚げが好みな方か、アレンジレシピのベース用に唐揚げをストックしたい方にはおすすめいたします。

業務スーパー|若鶏あっさり唐揚げ|645円

おすすめ度 ★★★☆☆

業務スーパーの冷凍食品コーナーにて、645円(税込)で販売中。比較的小さめにサイズと形を整えられた唐揚げが、内容量にして1kgほど詰まっています。調理方法は500Wのレンジで本品3個当たり約2分を目安にチンするか、170℃の油で6個当たり約4分半揚げ直せばOK。他の多くの業スー冷凍唐揚げと同様、レンジ加熱だと衣がしんなり柔らかくなりがちなので、食感を重視する場合は揚げ調理が無難です。

揚げると衣はさっくりとした歯触り。中のお肉は鶏むね肉なので、もも肉を使用した唐揚げに比べるとかなり弱めの肉汁感です。しっかり歯ごたえのある繊維感で、パサパサではないけれど、むっちりした弾力感やジューシーさには欠ける、お値段なりのクオリティですね。おとなしい醤油ベースに生姜とにんにくがほんのりと効いた味付けで、淡白なむね肉とあわせてさっぱりとした味わい。軽めのおつまみとしては食べやすいものの、おかず度は他の商品より一段落ちるので、好みのソースを絡めて炒めるなどのアレンジレシピに活用したいところですね。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • さっぱりした和風テイストで鶏むね肉を味付けした冷凍唐揚げ
  • 肉の臭みや油っこさは感じないけど、ジューシーさのない淡白な口当たり
  • 油ハネが激しいので、揚げ調理が面倒な場合、レンジ解凍してから好みのソースで炒めるのもおすすめ
  • 単品でのおかず度を重視するなら『SEARA 鶏もも唐揚げ(ブラジル産)』(1kg・645円)、アレンジ用途にも使いやすいあっさり上品テイストを重視するなら本品がおすすめ

商品情報

■内容量|1kg ■カロリー|100g当たり166kcal(合計1660kcal) ■原産国|中国 ■輸入者|神戸物産 ■原材料|鶏むね肉、しょうゆ、タピオカでん粉、おろししょうが、食塩、おろしにんにく、砂糖、たん白加水分解物、コーンスターチ、こしょう、衣(馬鈴薯でん粉、小麦粉、しょうゆ、パン粉、大豆たん白、食塩、香辛料)、揚げ油(大豆油)/重曹、調味料(アミノ酸)、pH調整剤、膨張剤、パプリカ色素

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。