業務スーパーにある『カレー専門店のカレールー』はフレーク系の使いやすい素直な味

業務スーパーで販売されている『カレー専門店のカレールー』をご存じでしょうか。

レトルトカレーの老舗・ハチ食品が製造する、溶けやすいフレークタイプのカレールウです。固形ルウに比べてサッと溶けやすく、ドライカレーやピラフにもアレンジしやすい一品。お味は平均点ですけど、使い勝手を重視するなら手堅い選択肢に入りますよ。

ハチ食品|カレー専門店のカレールー|415円

業務スーパーでは415円(税込、税抜385円)で販売中です。内容量は500gで、25皿分のボリューム(1皿あたり20g)。コスパ(単価)は1食あたりでは約17円。6皿分の調理方法は、カットしたお好みの野菜を炒めた鍋に水700ccを投入。柔らかくなるまで煮込んだら火を止めて、本品120gを入れて溶かし、とろみがつくまで再び弱火で煮込めばOKです。製造者はハチ食品です(業スー店頭で見かける激安レトルトカレーでもおなじみ)

30種類のスパイスを使用したというカレーフレークは良い意味で素朴なおいしさ。香りの複雑さは格安ルウと大差ないクオリティですけど、脂分を抑えたクドさのない口当たりが好印象です。ビーフの旨味に下支えされた、トマト、ココナッツ、チャツネがポイントになった味付け。甘口寄りのコクと一緒に中辛レベルの辛味もはっきり立ち、とにかく王道のバランスですね。使いやすく食べやすい、業スーカレールウの中では安心してチョイスできる一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • チャック付きのパッケージに入った、フレークタイプのカレールウ
  • ガラムマサラが立った風味としっかりした牛肉の旨味で、シンプルながら厚みのある味わい
  • コクがあるチャツネの甘味と辛味のバランスも良好で、ドライカレーなどにアレンジしても美味
  • 使い勝手を求めるなら本品、手頃さを求めるなら『業務カレー 辛口』(200g・127円)などがおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|500g ■カロリー|1皿分(20g)あたり102kcal ■製造者|ハチ食品 ■原材料|食用油脂(牛脂、豚脂、パーム油)、小麦粉、カレー粉、砂糖、食塩、コーンスターチ、チャツネ、ビーフエキス、コーンフラワー、香辛野菜、トマトペースト、香辛料、ソース末、ココナッツペースト、しょうゆ末/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、乳化剤、酸味料、香辛料抽出物、香料、(一部に小麦・牛肉・大豆・豚肉・りんごを含む)