業務スーパーの70円漬物『紅千切生姜』は辛味重視でカレーや牛丼にちょうどいい

業務スーパーの漬け物で『紅千切生姜』をご存じでしょうか。

合わせ酢に漬けた紅生姜の千切り。焼きそばや牛丼の付け合わせとしてお馴染みですね。100gという使い切りやすいボリュームで、価格も70円(税込)と手頃。ハードな辛味が好みの方ならハマる味付けですよ。

業務スーパー|紅千切生姜|70円

業務スーパーにて70円(税込、税抜65円)で販売中です。内容量は100g、カロリーは26kcal。一般スーパーで販売されている紅生姜の千切りは、60g入りで100円前後の商品が多いですから、けっこう手頃な価格設定ですね。原産国は中国です。

そのまま料理の付け合わせやかき揚げなどに使ってOK。調味液はかなり酸っぱいので、お好みで切ってしまいましょう。

オーソドックスに細かく刻まれた紅生姜は、味付けのほうもいたって素直。ほんのりお酢の風味を感じる生姜から爽やかな酸味がキュッと立ち、濃い味料理のお口直しにはぴったりですね。特筆点としては、牛丼屋などで食べる紅生姜よりもちょっと辛味が強め。やわらかく広がる甘酸っぱさではなく、生姜の引き締まった風味をストレートに際立たせています。甘みはほぼゼロ、若干ハードなので苦手な方もいそうですが、生姜の辛味がOKな方にはおすすめできるバランスですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 千切りにした生姜を酢ベースの調味液に漬けた、使い切りボリュームの付け合わせ食材
  • お酢の風味は強すぎず、歯ざわりもシャキッと爽やかで、クオリティは特に問題なし
  • 雑味を抑えつつ、生姜の香りと強めの辛味がシンプルに立っており、様々なメニューに合わせやすい
  • カレーとの相性も問題ないけど、甘い味付けが好みなら『カレーによく合う福神漬』(1kg・178円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|100g ■カロリー|26kcal ■原産国|中国 ■輸入者|神戸物産 ■原材料|しょうが、漬け原材料(合成酢、食塩)/酸味料、調味料(アミノ酸)、甘味料(ステビア)、保存料(ソルビン酸K)、着色料(赤102)