業務スーパーの低GI値甘味料『アガベシロップ』はサラッとクセなく使いやすい

業務スーパーで販売されている『アガベシロップ』をご存じでしょうか。

テキーラの原料となるリュウゼツランの樹液から製造されたもので、低GI値の甘味料としても知られていますね。サラッとしていて風味にクセなし。シンプルに甘さを付加したいときに便利です。

業務スーパー|アガベシロップ|537円

『アガベシロップ(Agave Syrup)』は537円(税込)。テキーラの原料となるリュウゼツラン(アガベ)の樹液を煮詰めて製造した甘味料ですね。GI値の低い(血糖値の上昇度合いが穏やかな)甘味料としても有名です。内容量は瓶詰めで310g、カロリーは100gあたり310kcal(炭水化物 77.0g)。原産国はメキシコです。

『アガベシロップ』ははちみつような琥珀色をしていますが、食味はだいぶ異なります。粘性は弱く、けっこうサラサラ系。風味はグラニュー糖のようにストレートな甘さ。はちみつのように多様な風味を愉しむタイプではないんですよね。

サラサラと水に溶けやすく 、風味にクセ(個性や深み)がなく、甘みが強い(砂糖の約1.3倍)――という特徴からすると、たとえばアイスコーヒー用シロップなんかにおすすめです。コーヒーの風味をあまりジャマしないし。一方、パンケーキに添えるには味気のない甘さになっちゃうかも(メープルシロップやはちみつがいいかな)。

無糖ヨーグルトの甘み付けなんかにもよいかと思います。

*    *    *

アガベシロップを選ぶ理由としては、先に触れたように低GI値の甘味料である点が挙げられるかと思います。砂糖より甘さが強いこともあり、砂糖よりも少ない量でしっかり甘み付けができ、血糖値の上昇もおだやか。コーヒーや紅茶などに砂糖を入れる機会が多い方は、『アガベシロップ』に置き換えてみるのもアリでしょう。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|310g ■カロリー|100gあたり310kcal(たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 77.0g、食塩相当量 0.05g) ■原産国|メキシコ ■輸入者|神戸物産 ■原材料|