MENU

業務スーパーの『フラワートルティーヤ』は普段使い推奨! 具材たっぷりラップサンドがラクうま

業務スーパーで販売されている『フラワートルティーヤ』をご存じでしょうか。

小麦粉を主原料とする冷凍トルティーヤです。直径18cm程度の扱いやすいサイズ感。ほんのり甘みのある風味としっとりもっちりした食感が万人受けするタイプ。タコスをはじめ、様々な具材を包んで食べる用途にぴったりの一品ですよ。

目次

『フラワートルティーヤ』の価格は? 内容量は?

業務スーパーでは397円(税込、税抜368円)で販売中。冷凍トルティーヤが12枚入って、内容量は312g(1枚あたり26g)。カロリーは1枚あたり80kcal(脂質 2.4g、炭水化物 12.8g)。製造者はデルソーレです。

コスパ(単価)は100gあたり約127円。業スーの冷凍品だと『ブラントルティーヤ』(330g・213円・約65円/100g)も同じ枚数のトルティーヤが入った商品になります。比較すると本品はコスパ的には見劣りしてしまうポジションです。

『フラワートルティーヤ』の調理方法は?

調理方法は室温に1時間程度置いて自然解凍したあと、ラップで包んで1枚あたり約20秒ほど電子レンジ(500W)でチンするだけ。時短したい場合は自然解凍ではなく、レンジの解凍機能を使ってもOKとのこと。予熱したオーブントースター(1000W)で約20秒加熱するか、弱火にかけたフライパンで両面を軽く暖めても問題ありません。

『フラワートルティーヤ』はどんな味? 食べ方は?

通常のコーントルティーヤのようにとうもろこし粉を使用したものではなく、小麦粉を主原料にしたトルティーヤ。加熱時に生地が膨らんだりカリカリした歯ざわりが出るタイプではなく、ほのかなもっちり感とさっくりした歯切れの良さが両立した口当たりです。

お味はとにかく素直に小麦の旨みが立った感じ。ほんのりした甘みを感じる程度で、素材の香りも主張しすぎず、具材の味を邪魔しない引き立て役に徹した味わいです。余ったぶんを冷蔵庫で保存すると若干ボソボソして端から切れやすくなりますけど、生地の強度も概ね問題なし。タコス具材をたっぷり詰め込んでも破れる心配はありません。

お好きな具材をぎゅっと包んでラップサンド風にアレンジしてもOK。コーントルティーヤに比べると生地の香ばしさが弱いので物足りなさを感じなくはありませんが、優しくクセのない味わいが好みなら幅広いレシピに活用できる一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 小麦粉を薄く伸ばして焼き上げた冷凍トルティーヤ
  • 軽めにしっとりもっちりした口当たりと淡白な風味が特徴的
  • 没個性なぶん具材を選ばず、タコスなどの料理はもちろん甘い物を包んでおやつにもできる
  • 香ばしさとコスパを重視するなら『ブラントルティーヤ』(330g・213円)がおすすめ

商品の評価と詳細情報

フラワートルティーヤ
総合評価
( 4 )
内容量312g(12枚入)
カロリー1枚あたり80kcal(たんぱく質 1.9g、脂質 2.4g、炭水化物 12.8g、食塩相当量 0.3g)
製造者デルソーレ
製造所デルソーレ 千葉工場
原材料小麦粉(国内製造)、ショートニング、砂糖、食塩、イースト/膨張剤、システイン塩酸塩、乳化剤、(一部に小麦を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次