業務スーパーの冷凍マンゴー『ハーフカット』は甘さ強めでとろけるジューシー感

業務スーパーで販売されている『冷凍マンゴー(ハーフカット)』をご存じでしょうか。

同店にはチャンク仕様の冷凍マンゴーもありますが、それと比べるとかなり甘さが強めなので、好む人も多いのでは? トッピングフルーツにどうぞ。

業務スーパー|冷凍マンゴー(ハーフカット)|375円

冷凍フルーツコーナーで見かける『冷凍マンゴー(ハーフカット)』は375円(税込、税別348円)。内容量は500g、半分にカットされたマンゴーが詰まって500g、100gあたりのカロリーは64kcal(炭水化物 16.9g)、同単価(コスパ)は75円。原産国はベトナム、輸入者は神戸物産。

ちなみに本品、以前にご紹介した「冷凍マンゴー(チャンク)」と量、コスパ、原産国がまったく同じですね。

食べる際は冷蔵庫で解凍してからどうぞ(2〜3時間)。スムージーに利用するなら軽めの解凍でもOK。

以前にご紹介した「冷凍マンゴー(チャンク)」と原産地も価格も同じだし、形状が違うだけなのかと思いきや、意外と味が異なるんですよね。

甘いんです。「チャンク」は酸味寄りの甘酸っぱさでスッキリ系だったんですけど、本品『ハーフカット』は甘さが主体。完熟感ある濃厚な甘さというよりは、水っぽさの強い甘さではあるものの、みんな好むタイプの傾向かと思います。食感はジューシーでとろけるようなやわらか系です。

個体差があるような気はしますが、甘いマンゴーなら本品『ハーフカット』、すっきり系の甘酸っぱさなら「チャンク」というチョイスでどうぞ。

甘みが強いので、お好きなサイズにカットしてプレーンヨーグルトと合わせるのもいいですね。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|500g ■カロリー|100gあたり64kcal(たんぱく質 0.6g、脂質 0.1g、炭水化物 16.9g、食塩相当量 0g) ■原産国|ベトナム ■輸入者|神戸物産 ■保存方法|−18℃以下で保存 ■原材料|マンゴー