業務スーパーの『合鴨ロース』があれば鴨南蛮も自宅でカンタンに作れる

業務スーパーで販売されている『合鴨ロース』をご存じでしょうか。

合鴨肉を調味液に漬けたのち燻製した冷凍食品です。脂身の旨味とスモーキーな香りがとにかく濃厚。晩酌のお供にも鴨南蛮にも便利な一品ですね。以前紹介してから時間が経ったので、あらためてお味をチェックしてみました。

業務スーパー|合鴨ロース|257円


業務スーパーにて257円(税込、税抜238円)で販売中です。2021年12月現在のセールでは203円(税込)に割引中。内容量は190g、カロリーは100gあたり283kcal(脂質 24.7g、食塩相当量 1.9g)。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品。

以前はよく253円(税込)で見かけたので、4円ほどの微妙な値上がり。姉妹品の『合鴨パストラミ』(190g・257円)も同価格になっています。加工鴨肉は一般スーパーの安い商品だと160g・300円程度から見かけるので、それでも十分手頃な部類ですね。ちなみにカロリーが微増しています(100gあたり253kcalから283kcalに)。

使い方は冷蔵庫に1~2時間置いて半解凍してから、お好みの厚さにスライスするだけ。急ぐ場合は袋ごと流水に当てて解凍してもOKです。素材の旨味が濃厚な食材なので、基本的には別途味付けや下ごしらえをせずそのまま料理に使えます。

味も食感も、以前と印象はほとんど変わらず。赤身はむっちりした肉厚感と同時に、きめ細かい繊維感のほぐれるような歯ざわりが楽しめます。脂身はトロリとした口当たりで、パンチのある旨味が全開。全体にスモーキーな香りも強く、手が止まらないリッチな味わいです。

ご飯のおかずやおつまみに、単品でもばっちり優秀。ただ、脂の甘みがかなり濃厚なので、一気に食べると若干くどい印象もあります。その場合はそばやうどんにあわせて鴨南蛮にするのがおすすめ(好きなだけ使って豪勢に!)。

鴨肉に馴染みが薄い方でも、気軽にチョイスできる優秀食材ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 中国産の合鴨肉を味付けして燻製にした冷凍肉食材
  • 赤身の繊細な食感と脂身の濃厚な旨味で、単品でもご褒美感があるクオリティ
  • 半解凍して薄く切るだけでおつまみやオードブルにがっつり活躍してくれる
  • スパイシーな味付けが好みなら『合鴨パストラミ』(190g・257円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|190g ■カロリー|100gあたり283kcal(たんぱく質 12.1g、脂質 24.7g、炭水化物 0.2g、食塩相当量 1.9g) ■原産国|中国 ■輸入者|神戸物産 ■原材料|合鴨肉、食塩、こしょう/ポリリン酸Na、酸化防止剤(V.C)、発色剤(亜硝酸Na)