業務スーパーの『手羽元の赤ワイン煮』はほろほろ肉とまろやか旨みソースの優等生おかず

業務スーパーで販売されている『手羽元の赤ワイン煮』をご存じでしょうか。

国産鶏の手羽元肉をワイン煮にした冷蔵惣菜です。軟骨まで柔らかいホロッとした食感と、酸味控えめの優しい味付けで万人受けするおいしさ。パンにもご飯にも合わせやすい一品ですよ。

業務スーパー|手羽元の赤ワイン煮|321円

業務スーパーにて321円(税込、税抜298円)で販売中です。手羽元のワイン煮が6本入り。内容量は未記載(編集部での実測値は約421g)。カロリーは100gあたり175kcal(脂質 10.3g、炭水化物 3.9g)。販売は神戸物産、製造は宮城製粉(業スーを運営する神戸物産のグループ会社)。

手羽元を使った惣菜は他にも『ピリピリチキン』(6本入・321円)『手羽元と大根の煮物』(3本、3個・257円)があります。いずれも実測値は400g前後なので、本品を含めてコスパ的にはほとんど横並びですね。

調理は袋のまま熱湯に入れて約5分加熱するか、耐熱容器に移してラップをかけてレンジ(500W)で約3分チンすればOK。煮汁はたっぷり、手羽元はごく標準的なサイズ感です。

口の中でほろっと解けるような程よい煮込み具合。やわらかすぎない繊維感も残って、食べごたえ十分です。やはり業スーの鶏肉系惣菜は、お肉のクオリティは安定している印象ですね。

脂の旨味が滲んだソースはまろやかな味わい。トマト、牛肉だし、オニオンソテーやブラウンルウを合わせたビーフシチュー風のベースです。赤ワインは酸味が尖らず、ほのかな香りを添える程度。あっさり寄りのクセのない甘辛感と言えます。

濃厚感は際立ちませんけど、バターを加えたコクもあってバランスの良いおいしさ。多めの煮汁にパンを合わせたり、もちろんご飯と合わせてもOKです。全体的に手堅くまとまった、チョイスしやすい肉惣菜ですね。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 国産鶏の手羽元を赤ワインソースで煮込んだ冷蔵肉惣菜
  • ほのかな渋みのある洋風甘辛テイストが染みた、ほろほろ食感の手羽元が楽しめる
  • ちょい地味ながらクセのない味付けで、パンやご飯に合わせても無難においしい
  • 濃厚な味付けが好みなら『ピリピリチキン』(6本入・321円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|6本 ■カロリー|100gあたり175kcal(たんぱく質 13.9g、脂質 10.3g、炭水化物 3.9g、食塩相当量 0.7g) ■製造者|宮城製粉 ■販売者|神戸物産 ■原材料|鶏肉(国産)、醸造調味料、オニオンソテー、牛肉だし、砂糖、ブラウンルウ、小麦粉、トマトペースト、ミルポワ粉末、フォン・ド・ヴォー粉末、食肉風調味料、香辛料、バター/カラメル色素、増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ソルビトール、ステビア)、香料、(一部に乳成分・小麦・牛肉・大豆・鶏肉を含む)