業務スーパーにある1キロ『チャーハン』は常備しておくと重宝する良コスパフード

業務スーパーで販売されている『チャーハン』をご存じでしょうか。

たっぷり1キロ入りの冷凍チャーハンです。さっぱり寄りの味付けで、油っこさを控えたクセのないおいしさ。正直地味な味わいですけど、夜食に食べても重すぎませんし、手頃でチョイスしやすい一品ですよ。

真秀コールド・フーズ|チャーハン|516円

業務スーパーでは516円(税込、税抜478円)で販売中。2022年3月現在のセールでは505円(税込)に割引中です。内容量は1kg、カロリーは100gあたり181kcal(脂質 4.5g、炭水化物 30.3g)。製造・販売は真秀コールド・フーズ。

コスパ(単価)は100gあたり約52円。主に西日本エリアの業スーで販売されている商品です。東日本だとニチレイフーズ製造の『チャーハン』(1kg・516円)を販売する店舗が多いですね。いずれも時期によって価格に変動が見られる商品ですけど、コスパ的にはほとんど横並びと言えます(ちなみにセール価格はニチレイフーズ製のほうが494円(税込)とちょい安め)。

調理方法は、耐熱皿に平らに盛ってラップを軽くかけ、レンジ(500W)で1人前(250g)あたり約4分40秒チンするだけ。中火で熱したフライパンで2~3分ほど炒め調理してもOKです。

焼豚、卵、たけのこといった具材を使用したシンプルな炒飯。炒め調理すると多少はパラッと仕上がるものの、基本的にはふっくらもっちり寄りの食感です。味付けは鶏と中華出汁をベースに、XO醤でコクを足しているものの、比較的あっさりした味わいですね。

旨みが薄くて淡白な印象がある一方、油っこさも控えめなので軽くつまむのにちょうどいいおいしさ。ただ、具材の存在感がいまいちで、グリーンピースに最も主張を感じるバランスです。個体差もありそうですけど、人を選ぶポイントですね。

単品だと物足りなさが残るので、餃子と合わせて中華セットにしたり、キムチや韓国のりを足して濃い味にアレンジするのがおすすめ。もちろんそのままでも、夜食にチマチマつまむ用途などに便利な一品ではありますよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 西日本エリアで販売されている、1キロ入りの冷凍チャーハン
  • 醤油や焼豚の旨みが薄く、パンチには欠けるもののクセのないおいしさ
  • 際立った欠点はなく、コスパ重視で簡単ご飯をストックしたい時には便利
  • クオリティは大差ないので、少量で十分なら『チャーハン』(200g・99円・50円/100g)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|1kg ■カロリー|100gあたり181kcal(たんぱく質 3.6g、脂質 4.5g、炭水化物 30.3g、食塩相当量 0.9g) ■製造者|真秀コールド・フーズ ■原材料|米(国産)、野菜(たまねぎ、にんじん、グリーンピース、たけのこ、長ネギ)、焼豚、スクランブルエッグ、液卵、植物油脂、食塩、ショートニング、チキンブイヨン、砂糖、ラード、豚脂、みりん、椎茸、XO醤、中華だし、しょうゆ、ポークエキス、馬鈴薯でん粉、粉末しょうゆ/調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、着色料(カラメル、紅麹、カロチノイド)、pH調整剤、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)