業務スーパーにある『えびピラフ』は節約向きの腹八分目めし 〜 アレンジ用フードとしてもおすすめ

業務スーパーで販売されている『えびピラフ』をご存じでしょうか。

国産米を使用した冷凍エビピラフです。しっとりもちもち系の食感と、アメリケーヌソースのオーソドックスな味付け。どこを取ってもソツのない仕上がりと手頃さで、安心してチョイスできる食べきりご飯ですよ。

真秀コールド・フーズ|えびピラフ|99円

業務スーパーでは99円(税込、税抜92円)で販売中。内容量は200g、カロリーは100gあたり165kcal(脂質 2.7g、炭水化物 30.1g)。販売・製造は真秀コールド・フーズ。

コスパ(単価)は100gあたり約50円。1キロ入りの『えびピラフ』(1kg・516円・約52円/100g)のほうが僅差で優秀なコスパ感です。西日本エリアの業スーで販売されている商品で、東日本だと全国農協食品製造の『エビピラフ』(200g・99円)が販売されています。

『えびピラフ』の調理方法は?

調理方法は、凍ったままの本品を耐熱容器に移して平らに盛り、軽くラップをかけて電子レンジ(500W)で約3分40秒チンするだけ。中火にかけたフライパンで2、3分炒めてもOKです。

『えびピラフ』はどんな味?

ピラフは若干粘っこさがあるしっとり寄りの食感。レンチン調理だともっちり感が際立ち、フライパン調理だと多少はパラッとした口当たりに仕上がります。とはいえ印象が劇的に変わるわけではないので、調理方法は好みで選んで大丈夫です。

えびのボリュームは価格相応に少ないものの、プリッとした歯ざわりは合格ライン。味付けはアメリケーヌソースの香ばしさにバターのコクがはっきりと続く感じ。魚介と香味野菜の風味もちゃんと主張があり、個性は弱いもののバランスが良い味わいですね。

『えびピラフ』はボリューム増しレシピにもおすすめ

淡白ではないけど、濃厚テイストというほどでもないので、満足度はそれなりといったところ。量も成人男性の腹八分目程度です。単品だと軽いランチや夜食などにちょうどいいボリュームですね。

総合的に見れば、節約用に買うなら十分アリ、というぐらいのポジション。あえて手間をかける場合、オムライス風にアレンジするとしっかりした一品に仕上がりますよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 食べきりボリュームの冷凍エビピラフ
  • パラパラ感は弱いけど程よい弾力と旨みのある国産米
  • 没個性ながらまとまりの良い味で、手抜きご飯で済ませたいときに便利
  • 似通った仕上がりなので、ボリューム重視なら『えびピラフ』(1kg・516円)がおすすめ
えびピラフ
購入店 業務スーパー
商品名 えびピラフ
参考価格 99円
おすすめ度  

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|200g ■カロリー|100gあたり165kcal(たんぱく質 3.3g、脂質 2.7g、炭水化物 30.1g、食塩相当量 0.8g) ■製造者|真秀コールド・フーズ ■原材料|米(国産)、野菜(たまねぎ、にんじん、ピーマン)、えび、植物油脂、香味油、チキンブイヨン、食塩、砂糖、しょうゆ、アメリケーヌソース、果実酒、馬鈴薯でん粉、バター、香辛料/調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、着色料(カロチノイド)、香料、(一部にえび・小麦・乳成分・大豆・鶏肉を含む)