MENU

業務スーパーの『ラザニアシート』はどう使うの? 食べ方アレンジ・食感をチェックしてみた

業務スーパーの『ラザニアシート』はどう使うの? 食べ方アレンジ・食感をチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『ラザニアシート』をご存じでしょうか。

ラザニア用のパスタシートです。程よい厚みがあるもっちり食感。ラザニアに使う場合は茹で調理も必要なく、無難に便利な一品ですね。カットすれば太麺パスタとしても活用できますよ。

目次

価格・内容量は?

『ラザニアシート』は278円(税込、税抜258円)で販売中。内容量は500g、枚数は27枚ほど。

原産国はイタリア、輸入・販売は神戸物産。同国の食品会社「Pastificio Antonio Pallante S.r.l.」のブランド「Pasta Reggia」が製造する商品のようです。

コスパは?

コスパ(単価)は100gあたり約56円。ラザニア用のパスタシートは一般スーパーだと150円/100g程度するので、かなりの割安感があります。

調理方法は?(茹でずに使える?)

標準ゆで時間は5分とパッケージに記載されており、茹でてから焼き調理することを想定した商品のようです。ところが試したところ、ラザニアに使う場合はそのままオーブンで焼いても問題なく仕上がりました。

ミートソースとホワイトソース+ピザチーズのあいだに本品を挟んで交互に敷き詰め、予熱したオーブン(180℃)で30分~35分ほど焼き上げるだけ。ちなみに17cmほどの長さがあるので、容器サイズ次第では適当な大きさに割ってから使う必要があります。

どんな風味? 食感は?

もっちりした弾力のある食感と、しっかりした小麦の旨みがある味わい。だいたい4~5枚も挟んで焼けば、かなりどっしりした食べごたえのあるラザニアが出来上がります。

茹でてから焼くと若干ふんわりした柔らかさが出ます。茹でずに焼いた場合は歯ごたえが強調される感じ。ここは好みですけど、茹でずに焼き上げたほうが万人受けする仕上がりになる印象です。

太麺パスタにもアレンジできる

ラザニア用途での使い勝手は申し分なし。強い個性はありませんが、風味も食感も合格点で、これといって不満のないクオリティです。ただ、ラザニアに使うだけだと飽きやすいボリュームなのも確かですね。

太麺パスタにするのが手軽でしょうか。標準茹で時間どおり5~6分ほど加熱し、粗熱を取ってから好きな太さにカットするだけでOK。加熱前にカットできないタイプなので、アレンジ用にはちょっと不便ですけど、総合的にみれば無難にチョイスしやすい一品かと思います。

カロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『ラザニアシート』は100gあたり358kcal(脂質 1.8g、炭水化物 74.7g)。1枚あたりは平均19g(実測値)なので、5枚使って100g程度になります。召し上がる際の目安にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

ラザニアシート
総合評価
( 4 )
スクロールできます
内容量500g
カロリー100gあたり358kcal(たんぱく質 12.4g、脂質 1.8g、炭水化物 74.7g、食塩相当量 0g)
原産国イタリア
輸入者神戸物産
原材料デュラム小麦のセモリナ
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次