業務スーパー『豚肉ロールキャベツ』のおすすめ度は? 気になる量や味をチェック

業務スーパーの冷凍食品で『豚肉ロールキャベツ』という商品はご存知でしょうか。

調理に手間のかかるロールキャベツが手軽に食べられるなら……ということで気になっている人もいるかと思います。でも、これ、いかにも格安弁当屋さんが使うリーズナブル食材という味。一般家庭で常備するには微妙な出来です。

もし家庭で調理するなら、ストレートな食べ方ではなく、煮込み系料理の具材としてどうぞ。

業務スーパー|豚肉ロールキャベツ|372円

おすすめ度 ★★☆☆☆

業務スーパーの冷凍食品コーナーにて販売中。価格は372円(税込)です。内容量は600gで、個数にして10個入り。1個当たり約37.2円ですね。ひとつずつのしっかりしたサイズを考えれば、良いコスパ感のお惣菜かと思います。

調理は500Wのレンジで約10分チンでOK。ただ、ストレートに温めて食べると……正直、ナシな味。キャベツが固くてエグみが強いんですよね。格安弁当の具材に使われる場合でも、ホワイトソースと組み合わせるなど、別の味を付加するのが基本かと。

というわけで、食べる場合は、コンソメを溶かした出し汁なんかでよく煮込んでおきたいところ。濃厚なトマトソースで煮込むなんかもアリでしょう。

中の豚肉は「まあこんなものかな?」という詰まり具合。キャベツはレンチンだけでは硬めなので、きちんと煮込んでトロトロ食感にしましょう。先ほど説明したように、出来は良くないため、おでん、シチュー、カレーなど煮込み料理の一食材という位置づけで使えば、ガッカリ感は薄れるんじゃないかと思います。買うのはおすすめしないけど、買った場合の消費方法はそんな感じで。

その他の特徴は以下のような感じでしょうか。

  • 豚肉は少なめで、しっとりふんわりした食感
  • 豚肉の旨みが素直に立っていて、味付けは薄め
  • キャベツは味付けナシなので、単品ではご飯のオカズには向かない
  • キャベツは厚く硬めのため、長めに煮込んでも崩れない
  • スープの具材を単品で張れるボリューミー具材としては良い感じ
  • ブイヨンとトマト缶で冷凍野菜と一緒に煮込むなど、手抜きレシピとして活用度高め

商品情報

  • 内容量|600g(10個入り)
  • 原産国|中国
  • 輸入者|神戸物産
  • 原材料|野菜(キャベツ、たまねぎ)、豚肉、かんぴょう、つなぎ(馬鈴薯でん粉、パン粉)、食塩、こしょう、調味料(アミノ酸)、漂白剤(二酸化硫黄)、(原材料の一部に大豆を含む)