業務スーパーのかる〜い焼菓子『レディーフィンガー』は素朴だけど妙にクセになる食べ心地

業務スーパーで販売されている『Danesita レディーフィンガー』をご存じでしょうか。

なんだか鈴カステラを硬く焼いたらこんな感じになる?みたいな、ちょっと曖昧な食べ心地の軽〜い焼菓子です。味付けの基本は、ジャリっとした表面の砂糖という素朴さ。インパクトは弱いものの、妙にクセになる食べ心地なんですよねぇ。

輸入菓子|Danesita レディーフィンガー|181円

おすすめ度 ★★★☆☆

業務スーパーのお菓子コーナーで見かける『Danesita レディーフィンガー(Lady Fingers)』は181円(税込)。カルメ焼きとかラスクのように軽いスティック状の焼菓子が2袋に各12本、計24本入り(本数は前後するかも?)。ポルトガルの食品メーカー、DanCake社による商品で、「Danesita」は同社が展開するブランドのひとつのようです。同社サイトの説明によれば、本品はイタリアの伝統菓子にインスパイアされたものなんだとか。

ざっくり例えると、鈴カステラを硬く焼いたバージョン、ですかね。

お菓子としては実にシンプル。表面のザラメのような砂糖のジャリ甘い感じと軽い食感の焼菓子。外側はわりと堅焼きだけど、中は空気をスースーと吸い込める感じのエア感があるんですよね。油っこさはなく、甘過ぎもせず、もちろん重くもないから、ついつい2個、3個とパクついてしまう謎の引力があったりします。油断すると止まらないかも。

味的にはインパクトに欠ける『レディーフィンガー』。でも、退屈なおやつというわけではなく、チョコレートソースをつけるなど、ディップ菓子的に食べるスタイルなんかもアリだと思います(甘さが倍増しちゃいますが)。もちろん、お茶請けとしてもおすすめ。紅茶やコーヒーに添えるにはちょうどいい軽さでもありますね。

商品情報

  • 内容量|200g(約24本)
  • カロリー|100gあたり378kcal(炭水化物 81.9g)
  • 原産国|ポルトガル
  • 輸入者|神戸物産
  • 原材料|小麦粉、砂糖、卵、脱脂粉乳/膨張剤、香料、着色料(カロチン)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。