業務スーパーの1.5kg魚介『骨取りカレイフィレ』はふっくらやわらかで煮付けもフライもOK

業務スーパーの冷凍食品で『骨取りカレイフィレ(アブラカレイ)』という商品はご存知でしょうか。

下処理を済ませたアブラカレイの半身のフィレが、ガツンと1.5kgも詰まった冷凍魚介です。100g当たり86.4円というコスパ感もさることながら、ふんわり柔らかにほぐれる食感も魅力的。加熱時に身が崩れやすい点にだけ注意すれば、煮物からフライまで便利に活用可能な冷凍おかず食材ですよ。

業務スーパー|骨取りカレイフィレ(アブラカレイ)|1,296円

おすすめ度 ★★★★☆

業務スーパーの冷凍食品コーナーにて、1,296円(税込)で販売中。内容量は1.5kgで、頭部などを取り除いた半身のアブラカレイのフィレが8枚入っていました。付着した霜は多くなく、骨も抜かれているので、基本は冷凍状態のままお好みのレシピで加熱調理してOK。冷蔵庫で半解凍してから使う場合、解凍しすぎるとドリップによって旨味が流出してしまうので、解凍具合に注意して早めに調理するのがおすすめです。

アブラカレイは脂分が多い点で若干好みを分けますが、さっぱりと淡白な旨味でメニューを選ばず使える魚。身の厚さはそこそこながら、食感はとにかくフワッと柔らか。加熱しすぎても硬く締まらず、口当たりの良いジューシーなふんわり感が楽しめます。逆に言うと身がかなり崩れやすいので、フライパン調理の場合はホイル焼きにするなど、ひと工夫必要になるかも。煮付けの場合も、なるべく煮汁を沸騰させてから入れ、サッと短時間で調理したい印象です。微妙な調理しづらさにさえ慣れれば、大ボリュームかつ高コスパで活用度も高め。晩ご飯のメインとしてばっちり活躍してくれますよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 100g当たり86.4円で買える、骨抜き済みのアメリカ産アブラカレイ
  • ふんわり柔らかな口当たりと味付けを選ばない淡白な旨味で、煮付けやフライと好相性
  • 脂分が多く身も崩れやすい品種のため、一般スーパーの生鮮品よりも若干調理に気を使う
  • 加熱し足りないと若干の臭みを感じるものの、全体的には安定したクオリティで活用しやすい格安魚介

商品情報

■内容量|1.5kg ■原産国|アメリカ ■輸入者|神戸物産 ■保存方法| ■原材料|カレイ/ポリリン酸Na

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。