業務スーパーのコスパ板チョコは『ドイツ産ビター』が濃厚テイストでおすすめ

業務スーパーで販売されている『ビターチョコレート』をご存じでしょうか。

業スー定番のコスパ系板チョコシリーズの “濃い味” 版ですね。カカオ分48%。ハイカカオほどの強烈なほろ苦さではなく、姉妹品「ミルクチョコ」と比べるとリッチに感じられる味わい。こっちのほうがおすすめです。

業務スーパー|ビターチョコレート|149円

業務スーパーの板チョコ『ビターチョコレート』は149円(税込)。以前にご紹介した「ミルクチョコレート」のカカオ濃厚版ですね。内容量は100g、カロリーは502kcal(脂質 27.8g、炭水化物 60.2g)。15カット仕様なので、1カットあたり約6.7g、約33kcal。原産国はドイツです。

カカオ分は48%。ハイカカオほどの強烈な苦味は無く、フルーティな酸味は感じられないものの、食べやすい程度のビターな風味がポイント。とくに姉妹品「ミルクチョコレート」と比べると、カカオが多い分、より濃厚で風味リッチに感じられるんですよね。なので両者で迷うなら、mitok編集部的には本品ビター推しで。

ちなみに同じカカオレベルのビターチョコで、さらにコスパを求めるなら、200gの厚板チョコ「ダークチョコレート」もおすすめです(100gあたり約122円)。

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|100g ■カロリー|502kcal ■原産国|ドイツ ■輸入者|神戸物産 ■原材料|カカオマス、砂糖、ホエイパウダー、ココアバター/乳化剤、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)