業務スーパーの500g『チョリソーウインナー』はけっこうハードな辛旨テイスト

業務スーパーの冷蔵食品で『チョリソーウインナー』はご存じでしょうか。

唐辛子でピリ辛に味付けされた鶏豚肉のウインナーです。本格的なチョリソーではないけど、濃厚な旨味とハードな辛味でクオリティは上々。ビールおつまみとしても活用しやすい一品ですよ。

業務スーパー|チョリソーウインナー|343円

業務スーパーにて343円(税込、税抜318円)で販売中です。チョリソー風ウインナーが22本ほど入って(個体差あり)、内容量は500g。コスパ(単価)は100gあたり約69円、1本あたりでは約16円。一般的な冷蔵ウインナーと同様、フライパンで焼き調理するか、沸騰しない程度のお湯でボイル調理すればOKです。製造者は肉の太公、販売者は神戸物産。

普通のウインナーに比べて、唐辛子の辛味が派手に立った味付け。激辛未満、ピリ辛以上、じわじわ汗が浮くタイプの辛さです。チキン&ポークのしっかりした旨味と、桜チップで燻製された香ばしさも相まって、どこかメキシカンな旨辛感。調味料ナシでそのままビールおつまみとして成立するのが便利ポイントですね。逆に言うと主張が強すぎ、料理用途では若干メニューを選ぶのがネックかも。食感とジューシー度は標準的。焼き調理だけだとケーシングのパリッと感が弱いので、手間が許容できるなら、軽くボイルしたあとにフライパンでカリッと焼き目を付けるのがおすすめです。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • わりとハードに唐辛子を効かせた、冷蔵チョリソー風ウインナー
  • 元気な辛味と濃厚な旨味のおかげで単品でも食べやすく、総合的なクオリティも悪くない
  • おつまみ、野菜炒め、ジャーマンポテトなどに便利だけど、朝食用途にはやや重いかも
  • ワンランク上のピリ辛ソーセージとしては『ポークフランク ブラックペッパー』(800g・599円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|500g ■カロリー|100gあたり275kcal(合計1375kcal) ■製造者|肉の太公 ■販売者|神戸物産 ■原材料|畜肉(鶏肉、豚肉)、豚脂肪、結着材料(でん粉、大豆たん白)、香辛料、食塩、砂糖/調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、保存料(ソルビン酸)、酸化防止剤(V.C)、加工デンプン、発色剤(亜硝酸Na)、赤色102号、(一部に大豆・鶏肉・豚肉を含む))