業務スーパーにある『いか明太』はごはん合わせにほどよい軽めのピリ辛味

業務スーパーで販売されている『いか明太』をご存じでしょうか。

北海道・函館のメーカー、竹田食品が製造するいか明太です(いか自体は輸入物)。明太子の辛味は控えめで、優しくまろやかなピリ辛感が楽しめる味わい。ご飯おかず用途には問題なく活躍してくれる一品ですよ。

竹田食品|いか明太|253円

業務スーパーでは253円(税込、税抜235円)で販売中です。内容量は170g、カロリーは100gあたり95kcal(炭水化物 10.9g、食塩相当量 4.4g)。コスパ(単価)は100gあたり約149円の計算です。一般スーパーだとあまり見かけないイカ明太。姉妹品の『いか塩辛』(200g・253円)に比べると若干ボリューム控えめになります。製造・販売は竹田食品

同じメーカーの『いか塩辛』と似通った味付けで、程よい塩辛さを楽しむタイプの甘辛テイスト。明太子のピリッとした刺激は控えめで、いかの旨味と一体になったまろやかな甘味が前に来ています。おつまみ的には若干パンチが足りませんけど、おかず的には問題なし。そのままご飯のお供にするのが鉄板ですね。お茶漬けにしたり納豆と合わせたりしても美味しいですよ。

パスタに絡めるなどのアレンジレシピにも活用できるものの、料理に使うと明太子の少なさが気になる印象。特有のプチプチ感も舌に軽く感じる程度です。とはいえ、いか自体はしっかり肉厚でぷるっとした口当たり。ご飯おかずとしては問題なくチョイスできる選択肢かと思います。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 国内メーカーが製造する(いかは輸入品で原料原産地は不明)、チャック付き容器入りのいか明太
  • 明太子は甘めの味付けで辛味が弱く、いかの旨味とほのかな苦味を引き立てる程度
  • 食感的にも明太子の存在感が弱く、味付けの似た『いか塩辛』(200g・253円)と大きな違いが感じられない
  • あえて選ぶほどの個性には欠けるけど、甘口おかずが好みなら買ってOK

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|170g ■カロリー|100gあたり95kcal ■製造者|竹田食品 ■原材料|いか(輸入)、食塩、真鱈の卵、砂糖、みりん、香辛料/ソルビット、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、増粘多糖類、甘味料(カンゾウ、ステビア)、着色料(赤102、黄4)、(一部に小麦・いか・ゼラチンを含む)