MENU

業務スーパーの『シルサック』は怪食感フルーツ? 綿のようでクリーミィで味はさわやか!

業務スーパーの『シルサック』は怪食感フルーツ? 綿のようでクリーミィで味はさわやか!

業務スーパーで販売されている『シルサック』をご存じでしょうか。

シルサックという見た目ドリアンぽいフルーツのことで、本品はその果肉ペーストなのだそう。見たことも聞いたこともない食材……ちょっと試してみましたよ!

目次

価格・内容量は?

冷凍フルーツコーナーで見かける『シルサック』は408円(税込、税抜378円)。内容量は400g(安いのか高いのかわかりませんね!)。原産国はインドネシア、輸入・販売は神戸物産。

シルサックって?

シルサック(SIRSAK)。実に聞き慣れない言葉ですが、英語でサワーサップと呼ばれる果物の一種なんだそう(写真右端のフルーツ)。ドリアンに近いトゲトゲの見た目で、インドネシアなどの熱帯で栽培されているのだとか。

本品は果肉をペースト状にしたもの。シルサックを手軽に試せるようにした商品なんですね。

食べ方は……超シンプル

板状に冷凍されているため、まずはカット作業が必須です。

パッケージの上から1~2分ほど流水を当てて軽く解凍すると包丁が入るようになるので、好みの大きさに切り分けましょう。

あとはそのまま冷凍フルーツとして食べるのが基本。ミキサーでスムージーにしてもOKです。

どんな味なの? 食感は?

かなり繊維質が強い不思議な食感がまず個性的なんです。フニャッとしつつも弾力がある綿のような繊維感と、とろみのあるクリーミィな果肉感が同居した口当たり。怪食感?

お味はパイナップルやパッションフルーツに似た甘酸っぱさで、それを薄くかつマイルドにした感じ。南国っぽい華やかな香りと優しい甘さがあり、意外と食べやすいおいしさです。

マンゴーとあわせて爽やかフローズンフルーツとして

マンゴーなどの南国フルーツとも好相性。『カットマンゴー 〈チャンク〉』などを使ってフローズンのまま食べると、さっぱり感が際立って美味しく仕上がります。

食感はクセが強くて好みを選ぶけど、風味のほうは爽やかで万人受けするタイプ。さっぱり系のデザートが好きなら試す価値アリな一品ですよ。

カロリーは?

カロリーも確認しておきましょう。

『シルサック』は100gあたり91kcal(脂質 0.3g、炭水化物 20.7g)。写真の分量で100g程度です。召し上がる際の目安にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

シルサック
総合評価
( 4 )
スクロールできます
内容量400g
カロリー100gあたり91kcal(たんぱく質 1.3g、脂質 0.3g、炭水化物 20.7g、食塩相当量 0.01g)
原産国インドネシア
輸入者神戸物産
保存方法-18℃以下で冷凍保存
原材料サワーサップ
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次