MENU

業務スーパーの『業務用ミートコロッケ』は格安だけど大丈夫? 風味や具材をチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『業務用ミートコロッケ』をご存じでしょうか。

じゃがいもに牛ひき肉をミックスした冷凍コロッケです。牛肉の旨みとじゃがいものほくほく感が立った素直なおいしさ。シンプルすぎて没個性な商品ですけど、手頃さのおかげでお弁当おかずや間食用には重宝する選択肢ですよ。

目次

『業務用ミートコロッケ』の価格・コスパは?


『業務用ミートコロッケ』は224円(税込、税抜208円)で販売中。冷凍コロッケが10個入って、内容量は600g(1個60g)。カロリーは100gあたり171kcal(脂質 3.0g、炭水化物 30.5g)。1個あたりは約103kcal。販売は神戸物産、製造はサンヨー食品。

以前紹介した際の商品は199円(税込)だったので、13%ほどの値上がり。コスパ(単価)は100gあたり約37円。『牛すじコロッケ』(800g・321円・約40円/100g)と並んで、業スーコロッケ類のなかでも最安クラスのポジションになります。

『ミートコロッケ』の調理方法は?

調理方法は170℃の油で凍ったままの本品を約5分揚げるだけ。スーパーの惣菜コロッケと同じくらいの一般的なサイズ感なので、複数枚を同時に揚げてもパンクしやすい印象はありませんが、一度に2~3個に留めるのが無難でしょうか。

『ミートコロッケ』の具材は? どんな味?

マッシュされたじゃがいもはしっとり寄りのほっくり食感。そこにミックスされた牛ひき肉は主張が弱く、食感はポテトに埋もれています。程よい厚みの衣は揚げたてサクサクの良食感ですが、冷めるとじゃがいもと一体感のあるしんなりした歯ざわりになりがちです。

じゃがいもと牛肉の旨みをベースに醤油や砂糖を加えた味付け。スパイスはほとんど感じず、素材の味をほんのり甘く仕上げた惣菜コロッケ的な味わいです。メインおかずとしては物足りませんけど、そのまま食べてもおやつ的なおいしさは楽しめますね。

個性が薄いぶん味付けを選ばない印象。例えばソースやケチャップをたっぷりつけて、(買い食い的な)間食おやつにしたり、節約弁当の一品に加えたりするのがおすすめです。価格のわりにそつのないクオリティですし、コスパ重視で選ぶ際には引き続き優秀な選択肢に入りますよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • じゃがいもに牛ひき肉を加えた冷凍コロッケ
  • 柔らかめのほっくり食感と素材の旨みが立った素朴なおいしさ
  • 味・食感・サイズともに平均点で、価格を考えれば十分優秀な選択肢
  • もう少し食べごたえが欲しい場合は『牛すじコロッケ』(800g・321円)がおすすめ

商品の評価と詳細情報

業務用ミートコロッケ
総合評価
( 4 )
内容量600g(10個入)
カロリー100gあたり171kcal(たんぱく質 5.5g、脂質 3.0g、炭水化物 30.5g、食塩相当量 0.8g)
製造者サンヨー食品
販売者神戸物産
原材料野菜〔ばれいしょ(国産)、たまねぎ〕、牛肉、砂糖、乾燥マッシュポテト、しょうゆ、粒状大豆たん白、マーガリン、香辛料、食塩、衣(パン粉、小麦粉、でん粉)/調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、着色料(カラメル、カロチノイド)、香料、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次