業務スーパーの500g『わかさぎ ロシア産』は甘露煮など濃い味調理がおすすめ

業務スーパーで販売されている『わかさぎ』をご存じでしょうか。

ロシア原産のイシカリワカサギがたっぷり詰まった冷凍魚介です。サイズや食感は標準的ながら、あっさりした味わいでクオリティはそこそこどまり。甘露煮や南蛮漬けなど、濃い味付けのレシピに向いている一品ですよ。

業務スーパー|わかさぎ|321円

業務スーパーにて321円(税込、税抜298円)で販売中です。内容量は500g、カロリーは100gあたり85kcal(炭水化物 0.5g、脂質 2.9g)。コスパ(単価)は100gあたり約64円の計算。同じく業スー冷食の『カナダわかさぎ』(500g・321円)と同価格で、本品とはわかさぎの品種(そちらはキュウリウオ)と原産国が異なる程度ですね。神戸物産がロシアから輸入・販売するプライベートブランド品になります。

半解凍するだけでそのまま料理に使える、ししゃもよりは若干小さめのイシカリワカサギ。オス・メス不選別で子持ちの個体が混ざっているのが特徴的で、メスはプチプチふっくらした良食感。ただ、いずれも脂が乗らず、どこかぼやけた淡白な味わい。天ぷらにしてわかさぎ特有の繊細な風味を楽しみたい、といった用途にはイマイチかも。それなりに香ばしく仕上がるので、決して不味くはありませんが。

どちらかといえば南蛮漬けや甘露煮など、しっかり味付けするメニュー向き。鮮度のせいか、加熱すると腹が裂けやすいのが気になりますけど、特に甘露煮は旨味濃厚に仕上がります。クオリティの微妙さに目をつぶれば、活用度自体は悪くない一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • オスメス混合でたっぷり詰まった、ロシア原産の冷凍イシカリワカサギ
  • 特有の香りはあるけど、脂の旨味や内臓の苦味があまり感じられない淡白な味わい
  • 濃いめに味付けすれば問題なく美味しく仕上がるけど、全体的なクオリティは今ひとつ
  • 子持ちのふっくら食感が好みなら本品、少しでもクオリティを重視するなら『カナダわかさぎ』(500g・321円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|500g ■カロリー|100gあたり85kcal ■原産国|ロシア ■輸入者|神戸物産 ■原材料|イシカリワカサギ