MENU

業務スーパーの『穀物と野菜のミックスサラダ』はヘルシー食材を求める人にぴったり? 種類・風味・食べ方をチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『穀物と野菜のミックスサラダ』をご存じでしょうか。

玄米などの穀物類に彩り豊かな野菜類をあわせた冷凍サラダです。りんご酢メインのシンプルな味付けながら、穀物の食べごたえとプチプチ食感が地味に嬉しい感じ。見栄えとヘルシーさを重視するなら買ってOKな一品ですよ。

目次

『穀物と野菜のミックスサラダ』の価格は?

『穀物と野菜のミックスサラダ』は591円(税込、税抜548円)で販売中。内容量は600g。神戸物産がイタリアから輸入・販売するプライベートブランド品。

一般スーパーでは珍しい穀物入りサラダです。2~3人前はあるボリュームで、コスパ(単価)は100gあたり約99円。穀類とミックスベジタブルを自分で用意して自作する手間を考えれば、割高さは特に感じない価格設定でしょうか。

『穀物と野菜のミックスサラダ』の調理方法は?

未加熱品なので、自然解凍して生で食べるのはNG。凍ったままの本品200gをフライパンに移し、中火で約2分30秒炒めましょう。耐熱容器に移してラップをかけ、電子レンジ(500W)で約3分チンしてもOKです。

『穀物と野菜のミックスサラダ』の味・食感は?

5種の穀類(大麦、赤米、スペルト小麦、玄米、黒米)と5種の野菜(にんじん、えんどう豆、とうもろこし、ズッキーニ、たまねぎ)をミックスした商品。加熱したあとは冷蔵庫で冷ましてから他の野菜とあわせて食べてもいいですし、温かい状態のまま単品でピラフのように食べてもOKです。

メインの大麦は押し麦に近い軽めにプチっとした歯ざわり。玄米のプチプチ感も良好です。一方、赤米やスペルト小麦は若干ボソッとした感じ。ボリューム的にみても、野菜よりも穀類の素朴な旨みと食感が強調されたバランスですね。味付けがリンゴ酢の優しい酸味とこしょうを足した程度なので、やや淡白な印象が否めないかも。

健康食とされる穀物を集めた、味よりはヘルシーさと食べごたえを重視した仕上がり。物足りなく感じる場合はマヨネーズなどで味を足してよいかと思います。なによりもビジュアルの良さが特徴ですから、食卓に彩りを添えたいときにチョイスするのがおすすめですよ。

『穀物と野菜のミックスサラダ』のカロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『穀物と野菜のミックスサラダ』は100gあたり109kcal(脂質 1.5g、炭水化物 22.9g)。召し上がる際の目安にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

穀物と野菜のミックスサラダ
総合評価
( 4 )
内容量600g
カロリー100gあたり109kcal(たんぱく質 2.8g、脂質 1.5g、炭水化物 22.9g、食塩相当量 0.6g)
原産国イタリア
輸入者神戸物産
原材料大麦、にんじん、赤米、えんどう豆、とうもろこし、スペルト小麦、玄米、ズッキーニ、黒米、植物油脂、たまねぎ、食塩、りんご酢、砂糖、こしょう、(一部に小麦・りんごを含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次