業務スーパーの薄焼きパン『チャパティ』はどうなの? 風味やコスパをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『チャパティ』をご存じでしょうか。

インドなどで食べられている、全粒粉を使用した薄焼きパンです。一枚ずつ冷凍されており、フライパンで焼くだけでカレーと好相性な小腹おやつが出来上がり。素朴なおいしさでチョイスしやすい一品ですよ。

業務スーパー|チャパティ|246円

業務スーパーにて246円(税込、税抜228円)で販売中です。一枚ずつフィルムに包んで冷凍されたチャパティが10枚入って、内容量は400g。カロリーは1枚あたり98kcal(炭水化物 20.1g、脂質 0.8g)。コスパ(単価)は100gあたり約62円、1枚あたりだと約25円。原産国はマレーシア、輸入者は神戸物産。マレーシアの食品メーカー・PA Food製品の日本向けパッケージのようです。

調理方法はフライパンで片面約2分、もう片面を約1分焼き上げるだけ。予熱したオーブントースター(1200W)で約3分加熱してもOK。本場で使用されているアタ粉(小麦全粒粉)をメインに、小麦粉やマーガリンを加えたチャパティです。加熱するとプクッと軽く膨らむものの、クレープ生地のような薄い仕上がり。パリッと歯ごたえがある硬めの食感ですね。

味わいはとにかく素朴。全粒粉の香ばしさのなかにマーガリンのほのかなコクを感じます。(当たり前ではありますが)単品ではちょっと寂しい感じ。肉や野菜を挟んだり、なによりカレーと合わせるのが基本的な食べ方となるでしょう。

同じく業スーの薄焼きパン『パラタ(プレーン)』(400g・213円)などに比べると風味・食感ともに味気ないものの、ナンの代わりに手軽に使えるアジアン食材として悪くはない一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 小麦全粒粉をメインにして円形に延ばされた、マレーシア原産の冷凍薄焼きパン
  • 層を重ねたふんわり柔らかな食感ではなく、パリッとサクッと硬めの歯ざわりに仕上がる
  • 素朴な旨味と香ばしさで、全体的に素っ気ないものの、カレーなどとの相性は申し分なし
  • 目立った欠点は無いけど、『チャパティ(全粒粉入り)』(400g・213円)に比べて値段高めで食感も硬く、もう一つ物足りない

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|400g(10枚入) ■カロリー|1枚あたり98kcal ■原産国|マレーシア ■輸入者|神戸物産 ■原材料|小麦全粒粉(アタ粉90%)、小麦粉、植物油脂、マーガリン、食塩、砂糖/乳化剤、香料、酸化防止剤(BHA、BHT)、カロテノイド色素、(一部に小麦・大豆を含む)