MENU

業務スーパーの500g『骨とりタラ切身』は便利サイズでムニエル風もおすすめ

業務スーパーの500g『骨とりタラ切身』は便利サイズでムニエル風もおすすめ

業務スーパーの冷凍食品で『骨とりタラ切身』をご存じでしょうか。

中国原産のスケソウダラを使いやすいサイズにカットしたものです。淡白な味わいのオーソドックスな白身魚で、ムニエル、唐揚げ、鍋具材まで活用OK。業スーの類似商品と比較して、幅広いメニューに使いやすいクオリティですよ。

目次

価格・内容量は?

冷凍魚介食品コーナーで見かける『骨とりタラ切身』は408円(税込、税抜378円)。内容量は500g、頭と尾の部分と骨を除去したスケソウダラの切身が8枚入っています。コスパ(単価)は100gあたり約82円の計算。

神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品になります。

最近の価格は?

『骨とりタラ切身』はシーズンによっては価格が変動する商品です。mitok[ミトク]ではたま〜に最新価格をチェックしているのでご参考にどうぞ。

チェック日参考価格備考
2020年10月408円(約82円/100g)500g
2024年01月537円(約108円/100g)500g
※品番・販売者・加工者等は異なる場合があります。

調理方法は?

調理は冷蔵庫に置いて半解凍したあと、滲み出た水分を拭き取ってから加熱するのがおすすめです。

どんな味?

身はわりと厚め。汁気が多く脂肪が少ない品種で、味わいはいたって淡白。ちゃんと水気を切れば食感は柔らかすぎず、程よいジューシーさに仕上がります。

タラの煮付けにしてもギリギリ残念感なく仕上がるレベルかな。下味を付けてムニエルや唐揚げにすれば、晩ご飯おかずやおつまみにも問題なし。業スーの冷凍白身魚の中では、無難に使いやすい一品ですね。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 中国原産のスケソウダラを下処理し、ちょうどいいサイズの切身にした冷凍魚介
  • しっかりした身の厚さと臭みのない味わいで食べやすく、定番のムニエルや煮付けなどに十分使える
  • 解凍時に出る水分が多いので、どの料理に使うにしてもキッチンペーパーなどで軽く汁気を取る手間がかかる
  • 使い勝手を重視するなら本品、サイズを重視するなら『骨とりタラ(L寸)』(400g・365円)などもおすすめ

カロリーは?

気になるカロリーも確認しておきましょう。

公称値は100gあたり83kcal(たんぱく質 17.4g、炭水化物 0.1g)。1切れ(約63g)あたりでは約53kcal(あとは調理次第でカロリーがプラスに)。基本的にはヘルシー系なので、カロリーは気にせず食べられますね。

商品の評価と詳細情報

骨とりタラ切身
総合評価
( 4 )
スクロールできます
内容量500g
カロリー100gあたり83kcal
原産国中国
輸入者神戸物産
原材料スケソウダラ
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次