MENU

業務スーパーの商品で格安大盛り弁当を作ってみた結果

業務スーパーの格安食材でお弁当を作ってみました。

とにかく安く満腹になることを目標に、かつ保管しておきやすい商品をチョイスしてみた次第。で、1食約650g(約1,000kcal)のハンバーグコロッケ弁当がけっこうな安さで出来上がりました。栄養バランスそっちのけな中身ですが、節約系ボリューム弁当を作る際のご参考にどうぞ。

目次

格安弁当のおかずに選んだ業スー商品は?

今回チョイスした業務スーパーで買える食材は以下の5商品です。

とりあえず肉ものと揚げ物、副菜、ライスというオードックスなチョイスで。

1食あたりのコストは? ボリュームは?

業スー商品だけで作った弁当がこちら(写真)。お弁当1食の内容はハンバーグ2個を軸に以下のように詰め合わせました。

  • ① あらびきハンバーグ …… 2個(約102円分)
  • ② 野菜コロッケ …… 1個(約20円分)
  • ③ ポテトサラダ …… 40g(約16円分)
  • ④ 刻み沢庵 …… 15g(約3円分)
  • ⑤ 特盛ごはん …… 1パック(約95円分)

以上の詰め合わせで、1食あたりのコストは約236円になりました。ライスはご飯パックを使わずに自炊すれば(とりあえず)1食あたり約141円で済む計算です。

1食あたりの内容量は合計約655g、合計カロリーは約998kcal。これだけのボリュームの弁当が236円ならコスパは上々でしょう。

コストは?

  • 買い出し合計金額 …… 1,470円
  • 惣菜+ライスのコスト …… 1食あたり約236円
  • 惣菜のみのコスト …… 1食あたり約141円

メインおかずは無難にハンバーグ。業スーだと選択肢が多くて迷いますけど、がっつり厚めの食べごたえとコスパが両立した『あらびきハンバーグ』がおすすめです。甘口好きなら『照り焼きハンバーグ』(5個・321円)も悪くないですね。

脇役ポジションには軽めの副菜コロッケとポテサラで。『ナポリタンサラダ』(1kg・318円)も魅力的ながら、若干チープ。味付けの上品さと満腹度を重視すれば『ポテトサラダ』が一番になります。

ご飯パックも選択肢が多いなかでは、1パックでお茶碗2杯分(300g)の大ボリュームと、冷めてもモチモチ感が優秀なウーケ製造の『特盛ごはん』が使いやすい感じ。自炊が一番節約になるとはいえ、手軽に大盛りにしたいときには便利な一品ですよ。

*   *   *

実際に業スー商品だけで弁当を作りたいのか?という話は別にして、とりあえず試してみると、やっぱり安上がりですね。野菜が不足がちなのは課題ですが、とにかくコスパを重視するならぜひ。

そういえば、かつてmitok編集部の近くにあった激安弁当屋さんは厨房に業スー商品がたくさん用意されていたもんでした(ご店主とは業スーでよく顔を合わせたし)。それが安さのヒミツだったわけで。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次