MENU

業務スーパーの『カラメルカスタード』はめっちゃほろ苦! ビタースイートがじゅわ〜っと染み出す

業務スーパーで販売されている冷凍スイーツ『カラメルカスタード』をご存じでしょうか。

ほろ苦いカラメルソースがお好きな方はぜひどうぞ。カスタードムース的ケーキとスポンジ。そのスポンジは濃厚ソースがしみしみなんですっ。

目次

『カラメルカスタード』の価格は?

業務スーパーの『カラメルカスタード』は321円(税込、税別298円)。豆腐のような見た目のパッケージでおなじみの冷凍スイーツシリーズですね(「モンブランムースケーキ」とか「チョコレートムースケーキ」とか)。製造者はオースターフーズ(業スー運営会社・神戸物産のグループ会社)です。

『カラメルカスタード』の内容量は?

約16.5×9×3cmの豆腐的パッケージに収まっておりまして、内容量は編集部計測で約320g。100gあたりの単価約100円は、他の同種スイーツと比べるとお安めですね。

『カラメルカスタード』の食べ方は?

食べる際は解凍してからどうぞ(冷蔵庫で2時間、室温で1時間ほど)。ほどよく解凍できればパコッときれいに取り出せますよ(両サイドを引っ張って隙間を作るような感じで)。ちなみに、解凍しすぎずに、ちょっとアイス感があるくらいで止めるのもアリですね。

『カラメルカスタード』はどんな味?

ざっくり説明すると、カラメルソースがかなりほろ苦いタイプのプリンです。甘くもあり苦くもある、濃厚なカラメルソースがスポンジにめっちゃ染み込んでいます。この手の風味が苦手な方は避けたほうがいいでしょうねぇ。

ただ、プリンかというと、淡めのカスタードムースというか(食感的にも)、なんだか曖昧な風味感かな。カラメルソースが強すぎて全部持っていっちゃうため、他の味が目立たない。もんやりと甘くて(バニラ系の甘い香り)、カスタード感のあるナニカ……大雑把……みたいな。まぁ、スイーツとして全然悪くはないんですけど。

とにかくビタースイートがお好きな方はぜひ。スポンジからジュワ〜っとほろ苦カラメルが染み出してきますよ!

『カラメルカスタード』のカロリーは?

気になるカロリーも確認しておきましょう。

公称値は100gあたり280kcal(たんぱく質 3.8g、脂質 17.5g、炭水化物 26.5g)。1食あたり70〜120gとした場合のカロリーは196〜336kcalです。

商品の評価と詳細情報

カラメルカスタード
総合評価
( 4 )
名称洋生菓子
内容量1個
カロリー100gあたり280kcal(たんぱく質 3.8g、脂質 17.5g、炭水化物 26.5g、食塩相当量 0.2g)
製造者オースターフーズ
保存方法−10℃以下で保存
原材料果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、植物油脂、液卵、乳製品、カラメルシロップ、小麦粉、砂糖、水あめ、バニラビーンズソース、乳化油脂、卵黄油、ゼラチン、食塩/乳化剤、ゲル化剤(加工デンプン、ペクチン)、着色料(カラメル、カロチン)、甘味料(ソルビトール)、香料、膨張剤、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・りんご・ゼラチンを含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコ、業務スーパー、コンビニ、カルディ、成城石井……あらゆるショップを巡回している(ヒマすぎる)mitok編集スタッフ。主にスイーツ・おやつ系を物色しては試す日々です。

目次