業務スーパーにある1kg『国産豚レバー』はどうなの? 風味・使い道・コスパをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『国産豚レバー』をご存じでしょうか。

冷凍された国内産の豚肝がたっぷり1kg入り。529円(税込)という手頃な価格も魅力的な肉食材です。無骨な業務向けパッケージですけど、クセのない味わいで扱いやすく、冷凍庫に空きがあれば買ってOKな一品ですよ。

銚子食肉加工センター|国産豚レバー|529円

業務スーパーでは529円(税込、税抜490円)で販売中です。内容量は1kg、コスパ(単価)は100gあたり約53円。一般スーパーだと100gあたり130円前後で売られているケースが多いようなので(そもそも1kg単位で売られることが稀なんですが……)、コスパは圧倒的ですね。カロリーなどの栄養成分表示は未記載。銚子食肉加工センターが加工・販売する業務向け食材になります。

肉同士が固まり合って冷凍されているので、解凍はちょい面倒。冷蔵庫に一晩置けば、ちょうどよく自然解凍されます。生の状態だと若干の臭みを感じますけど、加熱すれば気にならない程度。一般スーパーの冷蔵豚レバーと特に変わりない品質です。

レバーに残った血の量は少なめで、風味は比較的あっさり寄り。念入りに血抜きせずとも、軽く水にさらすだけでクセのない味わいに仕上がります。それでも特有の旨味は十分で、レバニラ炒めなどのメニューにぴったりですね。

炒め物に使う分には柔らかく仕上がりますけど、生姜煮などの煮物レシピで長く加熱すると、やはり硬い食感になりがち。それ以外に気になる点はありません。『上州高原どり 若どりきも』(2kg・756円)のコスパには敵いませんけど、豚レバーの弾力感が好みの方は本品がおすすめですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 国産の豚レバーを1kg詰め込んだ業務向け冷凍食肉
  • 豚肝特有の旨味、しっとりした柔らかさ、程よい弾力感が十分楽しめるクオリティ
  • 比較的あっさりした風味だけど、クセのない味わいで幅広いレシピに使いやすい
  • 豚レバーの食感が好みなら本品、バラ凍結の使いやすさを重視するなら『吉備高原どり 若鶏肝』(1kg・429円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|1kg ■加工者|銚子食肉加工センター ■保存方法|−18℃以下で冷凍保存 ■原材料|豚レバー(国産)