業務スーパーにある『イナダとカツオのフレーク』はごはんがサッとおとな味に変わるラク旨ふりかけ

業務スーパーで販売されている『イナダとカツオのフレーク』をご存じでしょうか。

イナダ(ブリの未成魚)とカツオをほぐして味付けした、簡単白米おかずです。素材の旨味とごまの香ばしさが強く、鮭などの魚フレークに比べると大人向けのおいしさですよ。

カキヤ|イナダとカツオのフレーク|181円

業務スーパーでは181円(税込、税抜168円)で販売中です。内容量は140g、カロリーは100gあたり259kcal(炭水化物 13.1g、食塩相当量 2.9g)。製造・販売はカキヤ。

業スーには『おさかなフレーク』(160g・159円)などの類似したPB品があります。それに比べると際立った安さではありませんが、一般スーパーでよく見かける鮭フレークよりはまあ手頃、といったところですね。

イナダとカツオを粗くほぐして、醤油ベースで味付けしたものです。口当たりはボソボソしていて、しっかりした歯ごたえ。噛むほど素材の旨味が立って、地味にご飯がすすみます。青魚特有の臭みと苦味が若干ありますけど、大して気にならない範囲かと。

ごまの香ばしさに加えて、昆布だしも効いており、品の良い風味の濃さ。醤油の塩気はマイルドに抑えながら、香りの良さで白米おかず度を上げています。業スーに並ぶ魚フレークのなかでは、完成度高めと言ってよい一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • イナダとカツオをほぐして味付けした青魚フレーク
  • 素材特有の苦味をごまと昆布だしでカバーした、バランスの良い風味
  • 口当たりのボソボソ感が若干好みを分けるけど、ご飯おかず度は十二分
  • 元気な甘辛テイストが好みなら『おさかなフレーク』(160g・159円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|140g ■カロリー|100gあたり259kcal(たんぱく質 22.4g、脂質 13.0g、炭水化物 13.1g、食塩相当量 2.9g) ■製造者|カキヤ ■原材料|イナダ(国産)、カツオ、植物油脂(大豆を含む)、醤油(小麦を含む)、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、粉末水飴、ごま、魚油、発酵調味料、食塩、こんぶエキス/調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(V.E)